power2max NG ecoを買いました

ぱわー つー まっくす えぬじー えこ

と読みます(たぶん)


f:id:anndorok:20180813214140j:image

power2maxはtypeーSからNGへ世代交代していますが、NGの機能を削って価格を抑えた廉価版がNG ecoになります。

追加できる機能は

・左右バランス

・トルク

・ペダルスムーズネス

です。これらの機能は€50で追加アップソフトウェアアップデートし、機能追加できます。

まずは使ってみて、あとから追加するなども可能です。

 

最も価格の安いセットはFSAのgossamerクランクで78,000円でけっこう安い。クランクもついてくるしお得!!(gossamerだけど)

 

 

Cyclistの記事から引用

Type-NGeco センサー・クランクセット
Campagnolo 2015 /198,000 円
・FSA Gossamer /78,000 円
・FSA Gossamer BB386evo /88,000 円
・FSA K-Force Light BB386evo /128,000 円
・Rotor 3D24 /104,000 円
・Rotor 3D Plus /128,000 円

引用おわり

 

この価格で両側計測ができるというのはかなり強いアピールポイントではないでしょうか?

 

power2max NG ecoについて、詳しくは他の人が書いてるのでググってね(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ両側計測が必要になったのか

パワーメーターを買ったのは4回目。

初めは2016年2月、パイオニアペダリングモニターの左でした。

2017年2月にフレーム買い替えに伴い左パイが使えなくなったので、右パイを買って左パイは売却。

2018年1月にTTバイクを買ったのでパイオニアのパワーセンサーを購入。

ずっと片側計測でしたが、ロード1台のみの運用では特に問題は感じませんでした。

 

片側計測で満足できなくなったのはTTバイクを購入してから。

 

TTバイクのほうがパワーが高く出る。

 

左のTTバイクと右のロードでは数値に差があるのではないかと感じ始めてきました。

 

普通は、姿勢が窮屈なTTバイクのほうがパワーが低いけど、前傾姿勢によって速くなるのかと思っていました。

しかし、TTバイクでの10分パワーがロードでは再現できない。

おそらくパワーセンサーとペダリングモニターの誤差はそこまで大きくないはず。

ロードでの追い込みが足りないのかな~とか、ケイデンスの違いなども考えましたが、自分のペダリングに左右差があるのではないかと考え、両側計測の導入を考え始めました。

 

 

なぜpower2max NG eco だったか

両パイならデフォで左右バランスやベクトル、ペダリング効率などが測定できるしシクロスフィアがけっこう便利。CS重いけど。

 

しかし両パイの(というか左パイの)デメリットであるBB下ブレーキが問題。

 

現在のロードはBB下ブレーキだが、TTバイクは上ブレーキ。

それなら問題なく両パイでもいいのではないかというところだが、TTバイクについているのはペダリングモニターではなくパワーセンサーだったのだ。

TTバイクを両パイにできない。

 

単体での使用なら問題ないが、複数持ちから買い増ししようとしたときに大きな障害になってしまった。

 

BB下ブレーキのめんどくささにはうんざりしてるけど、次にフレームを買い替えた時に「ほしい!」と思ったものがパワーメーターの都合により制限されたらもったいないなとも思う。

TTバイクなんてけっこうBB下ブレーキが多いし。

選択肢を狭めないようにしておきたい。

 

フレームに干渉せず、両側計測で、練習だけでなくレースにも使えるものはないか。候補はシマノ、クアーク、ガーミン、ローター、パワータップのG3、P1、C1などなど・・・。

 

しかし、資金に余裕があるわけでもないのでその辺も考えながら。

 

そんな中、ツイッターを眺めていたら、以前にNRCとソールスターを購入したショップのつぶやきが目に留まる。

 

ふむふむ。

かなり自分の希望に合ってる。在庫もあるし。

 

両側計測と考えれば安いけど、手持ちの9000チェーンリングを使うならROTOR 3D24かぁ~。

けっこう高いな・・・。

左右バランスのアップデートも追加すると両パイに近い値段になるな・・・。

でも他と比べれば安い!

 

イキオイハダイジ。

 

 

 

 

購入の流れ

新しく買うなら、今のパワーセンサーを処分しなければ。

 

ヤフオク等で売ってもいいけど、知り合いに売るのもあり。

自分の周りには意外とパワメ未使用者がいるので、練習相手に売りつけて譲って、その人が強くなったほうがおもしろい。

 

ただ、ここ最近は片側計測のパワーメーターがかなり安くなってるので、ちょっと時機が悪い・・・。

8000アルテなのでデュラの人に売るわけにもいかないしなぁ。

 

少しの間考えていましたが、某アレー君はパワメに興味ありそうだし、サイコンもANT+対応してそうなので誘惑して営業して見事に交渉成立!!

 

そうと決まればp2mを買ってこなきゃ!!

 

買ったお店は墨田区にあるサイクルショップマティーノさん。

オンラインストアがあったけど、アップデートの事とかも質問したかったのでメールフォームを探したけどよく分からず・・・。

Facebookを通じてメッセージを送ってみる。

 

8/7 メッセージを送ったら、とんとん拍子で話が進んで、その日のうちにアップデートまでやってもらった。まだお金払ってないんですけど・・・。

遠方につき発送をお願いする。

 

8/9 ショップの定休日あけに振込口座の連絡が来る

たまたまATMの近くにいたので速攻で振り込み。

 

8/10 発送の連絡があり

8/11 受け取り

 

展開が早すぎる。メッセンジャー便利すぎ。

 

 

開けてみる
f:id:anndorok:20180814043452j:image
f:id:anndorok:20180814043507j:image
f:id:anndorok:20180814043522j:image
f:id:anndorok:20180814043539j:image
f:id:anndorok:20180814043558j:image
f:id:anndorok:20180814043615j:image
f:id:anndorok:20180814043637j:image
f:id:anndorok:20180814043654j:image
f:id:anndorok:20180814043734j:image
f:id:anndorok:20180814043746j:image
f:id:anndorok:20180814043804j:image










 

 

 

 

 

使ってみた

そんなこんなで8/12には使える状態にあった。

ロードにつけてサタアリから導入することも出来たけど、初物をグループライドに持ち込むのはアレなのでTTバイクに取り付ける。

 

夕方からTTバイク。
f:id:anndorok:20180814002947j:image

マグネット不要だし、ペアリングするだけだしめっちゃ簡単!

左右バランスを確認できるようにサイコンンの設定を変えておく。

 

とりあえず左右バランスの3secAveとLapAveを表示して、いつもの新舞子TTへ。

午前中の疲労でベストからは20W近く低いけど、10min326Wくらいでまずまず。

さて左右差は

 

 


f:id:anndorok:20180813214904j:image

 

ほとんど左右差無いやん ・・・。

 

それなりの出力で走ったら左右差が無くなるのではないかと想像したが、想像以上に左右差がなかった。

 

う~ん、こうなるとロードの右パイが低いのか、TTのほうが高く出るのか?

 

 

 

 

今後も要検証

もっと盛大に左右差があるのかと思っていた。

「鎮まれ、俺の左足!!」みたいなことやりたかったのに・・・。

 

でも、両側になって信頼できる計測ができるようになったのはよかった。

ロードも両側にしたいな。フレーム買うか~?

(おかしい)

 

 

使い始めたばかりなので、使ってみてどうだったか、またいろいろ書いてみようかと思います。←たぶん書かないやつ

2018/08/12 日 サタアリ、夕方新舞子TTバイク

今日は4人。CAAD10さん、アレー君、マドンさん、自分。

雨が降りそうな雲だけど、結局降らなかった。

 

二日乗ってないからとてもフレッシュ。

先日調整したポジションがかなりイイ感じ。過不足なく足が回る。

前傾姿勢はあまりきつくない気がするけど、足の回り重視。

 

 

諏訪神社SPはバチバチというよりもペース上げてもらって最後にもがくという感じ。どうにもキレはないけどかかりは悪くない。なんか自分的にはフォームもよかった。ふむふむ。

 

柳生はペース上げない予感がしたのでそれなりに合わせて。CAAD10さんが飛んでいったけど、マドンさんのペースに耐えるアレー君の後ろについて。良いぞ!よく耐えてる。

登り切ってから間に車が入ってしまったのもあって切れ気味のアレー君を引き上げて合流。ここからハイスピードのローテーション。くそ速い。

 

アレー君はここまでで、久ノ浜小周回へ。

始めは抑えめだったが、徐々にペースが上がりマドンさんと二人に。

なんか今日は踏めるぞ。踏めるというか足が回る。

こんな日にFTP計測したら確実に更新できそう。(今後のトレーニングがキツくなる!)

けっこう良いペースだし永遠に周回していたいけど永遠には無理なのでほどほどで終わる。

 

マドンさんはここまでで、CAAD10さんとしゃべりながら絹谷経由で帰る。

2:46:13 81.0km TSS168

とりあえずロード練はここまで。午後にでもTTバイクに乗る予定・・・。

 

 

 

 

 

 

 

乗れた。

お出かけしたり昼寝してからTTバイク練。

今回からニューアイテムを導入してみたので新舞子TTで試してみる。

機材の詳細は後日書いてみます。

 

疲労残っていて全開ではないけど10min326W

左右差は50.3:49.7となかなか優秀。

う~ん、導入の意義・・・。
f:id:anndorok:20180812202600j:image

まあ、やってみなきゃわかんないけどな~!

51:50 29.6km TSS58

 

2018/08/09 木 石森山

せっかくの有休なのに台風直撃・・・。

 

家にいてもつまらないのでドライブに行く。(あぶねーから出歩くなよ!)

 

とりあえず「ひゃくにんパン」のカレーパンがうまい。

これとセブンのコーヒーが旅のお供。

 

 

帰ってきたらいわきはもう雨ふってないじゃん、のれる。

急いで準備して石森山へ。

 

最近ポジションがおかしくなっていて、ローラー、平坦、登りどれもしっくりこない。

たいして軽くはないけど、微妙に登れて微かにパンチ力があるスタイルなので、何気に登りは生命線。

平坦はまあ、おもたいぎあをいっぱいまわせばいいから。

 

足が短すぎてシートポストに印字されてるスケールが全部フレームの中に入ってしまってる・・・。

位置を変えた時、ずれた時に戻すための目安をつけるためにとりあえず家にあったステッカーを張ってみた。
f:id:anndorok:20180810070733j:image

あとサドルの前後位置を計るために幅1cmのビニールテープでマーキング。どういう根拠でマーキングしたのかというとアレなんだけど・・・。
f:id:anndorok:20180810070824j:image

 

 

 

何本か走りながら変えてみようと思ったが、まずは1本を全開で。

 

 

 

入りからいい感じに踏めてる。感覚と数値が合わない。体重は軽くないはずだけど、エネルギーは満ちていてタイムが出るときの感触。

ただ、大腿の膝よりの疲労感が強い。この感じでは長くもたせる走りではないが、それなりに高い数値が出ているからパワーなりの疲労感なのか。

自分がKOMを持っているけど、タイムを更新できるのではないかと思い最後まで振り絞ったが、344W 6:23で届かず。

というかKOMけっこう速かった・・・。あの時の自分やばい。まあ今日はアルター44だからやや重だけど。

 

下ってからサドルの前後変更。マーキングから1cm後退。

1cmも動かすなんてやりすぎかもだけど、とりあえずこっちに動かしたときの傾向の確認。

さっきほど全開では行かず、だいたい300Wくらいで走る。

後退すれば大腿の膝よりの疲労感が解消するのではないかと想像していたが、さほど変わらず。むしろ下げたことでペダルを押す感じになってしまってイマイチだ。とりあえずサドル高は変えず、前後による影響を計りたい。

 

次はマーキングから1cm前進。さっきと比べるとかなり前に座ってる感じがする。

こっちもどうにも四頭筋で踏んでる感じが強すぎる。登りでもきれいに回したいけどうまくいかない。

 

前後位置変わったらBBからの高さも変わるはずだけど、1cm動かしたらたぶん2mmくらいのはずだからとりあえずいじらなかった。

 

 

 

結局前後はマーキングのところに戻して見たが、右膝の動きが気になる。

 

自分はけっこう身体が歪んでいて、仕事で斜め前のPCを使う姿勢を続けた影響もあるかなと思ってる。

スキーでは右ターンなら84点だと勝手に思ってるけど、左ターンが75点だからトータル78点くらいの滑りにしかならないから県予選の決勝も出られないレベル。決勝出てもコブ滑れないから無理だけど。

 

死点で右膝が外に開いてしまうのは以前から知っていた。

スキーのコーチに後ろから見てもらったときに指摘を受けて、右だけシムを入れるようにアドバイスされた。

これを入れたら膝の動きはかなり変わったけど、ポジションいじりまくり人間なので徐々におかしくなっていった・・・。

 

膝が開くのはなんでかな~と思って観察し、意識して膝をまっすぐ動かして(引き上げて)見たら、股関節の可動域に軽めの黄色信号みたいな感触になった。まっすぐ動かすのをやめると股関節の違和感はないけど、この動きは何とかしたい。

膝がまっすぐ上がったときに股関節がスムーズに動ける余裕を作るために、サドルをちょっとだけ上げてみる。

たぶんこの悩みは短足ライダー特有で、クランク長なんかもかかわってくるはず。

思った通り、サドルを上げると膝がまっすぐ上がり、踏み初めもスムーズになった。

しかし、走った後にハムストリングに張りを感じたので、慣れは必要かなと思った。

 

 

 

そんな感じで石森山を7分ちょっとで4本しばいたので、もう足がいっぱい。

1本目のアタックとかせずに、5本300Wくらいでやったらいい感じかなと思ふ。

あぶくま洞ヒルクライム2018 に自走で

あぶくま洞ヒルクライムに参加してきました。

 

初開催となったこのレースは2ステージ制の変速ルール。

1stステージが3kmの登りタイムトライアル。

2ndステージは1stのタイム差で時差スタート。距離は7kmですが、前半3kmほどが平坦のため、登坂力だけではなくいかに頭を使うのかが重要。

 

結果は年代別4位でした。

1stステージはカーボネックスさんから10秒遅れの2位でしたが、2ndステージで大ブレーキがかかり、時空チャンプとKEMOさんに抜かれて4位でした。

悔しいレースをしてしまった。先週の鳥海とは別人のように踏めなかったけど、フィジカル的な問題ではなく戦略戦術の問題かなぁ。

 

チャンピオンクラスと年代別とコスプレが混走することによる難しさはあるけど、その辺も考えて走れば面白いゲームになるルールだと思いました。

 

とりあえずカーボネックスさんが強い・・・。

 

 

 

以下、レポート。

 

毎週毎週レースのたびに疲労抜きをしてたら練習ボリュームが下がるので、トレーニングのつもりで自走しました。

FBで宣言すればイザルコさんは釣れるだろうなと思ったら見事にヒット!!

 

なにをトチ狂ったか、いわき駅4:00集合ということになったので、目覚ましは3:00にセット。

アラームで起きたけど、外は真っ暗で肌寒い。

イザルコさん起きてるか確認するためにLINEしてみたら大丈夫だった。むしろ自分のほうが布団から出れずにぐだぐだする。

3:40に出発すれば余裕だろ~と思ったら、すでに3:50だった・・・。おかしい、時空が歪んでるに違いない。

 

f:id:anndorok:20180805193012j:image

真っ暗過ぎる。

 

割と本気で踏み踏みして4:00ちょうどにいわき駅到着。

ふぅ~間に合った←

 

寒いくらい涼しくてかなり走りやすい。こんなに早く起きて朝練しようとは思わないけど。

 

 

 

二人でトロッフェバラッキすれば、小川~夏井のKOMをとれると思ってガチで挑んでみた。

ストラバ上では25km1.6%の緩い登り基調で、目標は47分くらい。

先頭に出た時300W前後で1~2分交代かな?

 

速度と平均速度をチェックしながら走ったけど、スピードセンサー を巻くのを忘れたのでGPS計測だったので精度が不安・・・。そんなにずれはなかったけど、木の影に入ると5km/hとか表示されるからこれ大丈夫かよと思った。

 

走り始めから意外とスピードに乗らず、目標の32km/hになかなか届かない。登り基調の威力はこれほどか・・・。

中盤から平坦が増えてきて徐々に平均速度が上がってきたけど、後半の登りが意外とキツくてスピードがの乗らず無理っぽい。

 

結果、KOMには届かず。

二人で、しかも40mmと44mmのカーボンチューブレス組が、単独走の時空チャンプに敗れる!!

こうなったら追い風の時にアタックしてやるぅ!

 

 

 

 

そんなことやってるから、小野のミニストップにありえん早く到着。早すぎてソフトクリーム売ってないレベル。ハロハロ食べに行こうぜ!っていうのが目的のライドでもあったので帰りに寄ろう。 

 

f:id:anndorok:20180805193125j:image 

ミニストップでまったり休憩していたら、なにやらクライマー系自転車乗りが。

時空チャンプだった。そういえば会うのは久しぶりだけどめっちゃ細くなってない!?ヤバい奴やん・・・。

そこからしばらくチューブレスはいいぞとかストライクとIRCはだめとか話していたらいい感じの時間になったので会場へ向かう。

 

再度セブンで補給してあぶくま洞まで登る。普通にキツイ。

駐車場で時空チャンプを見つけて車に荷物を放り込む。ありがたや~。

 

受付してから、1stステージのコースだけ試走してみる。

メイン会場からゆっくりスタートして、参加者駐車場の少し先から計測開始のよう。GPS計測では3kmは無かった。

始めの斜度がややきついが、そこを過ぎたらかなり緩んで、最後の手前がちょっとだけキツくなる。前半飛ばしすぎずに中盤以降でタイムを稼ぐ作戦。

 

 

スタートを待つ間、木陰にいるとかなり涼しい。スタート地点で海抜641mらしい。
f:id:anndorok:20180806230752j:image

県内ローカル大会なので知り合い多数。

レースにおいても要注意はカーボネックスさんと時空チャンプの県内勢。現時点での登坂力はこの二人のほうが上だと思うけど何とかくらいつきたい。

 

 

 

出走はチャンピオンクラスが8:30からで、自分は9:00くらいにスタート。

スタート位置から計測開始地点は離れているので、落ち着いてクリートキャッチ。計測ラインのちょっと手前にきつめの段差があるので抜重してクリア、計測開始。

 

スタート直後、一つ前の選手がすぐ手前にいるけど、自分が380Wでも徐々に離れていくので明らかに飛ばしすぎだろうと思い、落ち着いて自分のペースに戻す。

キツイ区間で飛ばしすぎないように注意してたらすぐに斜度が緩んできた。

緩いとはいえアウターだとギリギリ回転重視では行けず踏みが強くなる。

それでもオーバーヒートしないよう冷静に走る。

 

2つ前のKEMOさんが見えたので走る。徐々に詰まって来て、ゴール手前くらいで抜けそうかな~と思ったが、自分もけっこうキツくなってきた。ゴール手前50mで並んだけど、計測ライン手前で相手がペースアップして先着されるw

 

それなりに出し切って、なかなか辛い。しばらく足回してたら鵜沼さんにタイムを教えていただいた。チャンピオンクラスの1位がヤバい。スーパースペシャルクライマーやん。

そしてカーボネックスさんに10秒負けて、時空チャンプに1秒勝っていた。カーボネックスさんヤバすぎ。

 

ゴール地点は日陰もあるし涼しい。割とすぐ2ndステージのスタート地点への下山が始まったが、ここで待ってたほうがよかったと思うくらい下は暑い。あと日陰ないしトイレ足りてないしあついしぬ。

 

2ndステージはタイム差スタートなので、点呼と整列が大変。あそこの砂利に運動会のテントを並べて張ったらよいとおもふ。

 

 

カーボネックスさんとは10秒差だけど、その辺に別カテゴリーが固まっているのでなるべく早く追いつきたい。そのうえでツキイチして最後にスプリントする作戦!

当然、ばれてる。

 

1位から続々スタート。10秒が果てしなく遠く感じる。

自分がスタートしたが、一つ前の人も数秒離れていて、その前は一列棒状になってる。

最初のコブで前の集団が一塊になってしまい、ヤバイと思ったがまったく差が詰まらない。

後ろから1秒差でスタートしてくるはずの時空チャンプがなかなか来ない。振り返ったらめちゃんこ差がついてる・・・。なんでや!

あとで聞いたらスタート呼び出しでトラブってたらしい。

 

ここでもう少し頭をつかえれば、後ろからくる時空チャンプを待ってローテして追いかけることも出来たけど、前も後ろも差が開きすぎて宙ぶらりんの状態。時空チャンプも単独走になっていて、ここがかなり勝負の分かれ目になった。

 

自分は全開で前を追いかけてしまったのでかなりキツイ。

 

後ろを待つ勇気がなかった。

 

登り口前まではけっこう縮まったと思ったが、登りがまったく踏めなくなってる。飛ばしすぎた。こいつホントにパワーメーターついてんのかよってくらい飛ばしすぎた。

 

前のほう見ても明らかにカーボネックスさんが積極的に行っていてどんどん差が開く。

登り始めてしばらくしたら時空チャンプに追いつかれ、「もう無理だから行ってくれ~」って言って先に行ってもらい、後ろにもつけなかった。

そこから割とすぐKEMOさんに追い越されて、後ろから二人の様子を見ていたが、きつすぎてドンドン離されてすぐに見えなくなった・・・。

 

明らかに登りが踏めてない。先週の鳥海とは別人のよう。踏めないし回せなくて、250W出すのも辛い・・・。

 

後ろを見た範囲では全く人影がなかったので、辛いながらも耐えながらゴールを目指す。

最後のヘアピンで下を見たら白いジャージが来てる。

 

やべぇ、イザルコさんだ・・・。けっこう近い。

 

残り距離を計った感じではギリギリ逃げ切れそうだけど、イザルコさんの迫り方が半端ない。ヤバイヤバイヤバイ!

 

こっちもギリギリだけど振り絞って回す。踏めない~!

 

かなり迫られたが、自転車1台分くらいは逃げ切ったか?

キツイ、キツイ~。

 

 

ゴール後は座り込んでしまった。踏めな過ぎてヤバかった。

水石山練習だったらバイク下りて引き返してるレベル。

 

暑さにやられたとか脱水だったとか自走が響いたとかでは無く、序盤の平坦の走り方で全てが決まってしまった。

実際に時空チャンプは単独走でも粘って2位になってるし、自分の走り方に問題があったと思う。

 

まぁ~、カーボネックスさんにツキイチしても力づくで引き離された気がするけどな!!

 

ゴール地点ではかき氷が振る舞われ、フラフラになりながらもレモン味をいただく。うまい。・・・頭痛い。

ここは涼しいので動きたくないけど、下山すればコロッケが待っているらしい。下るかぁ~。

 

 

 

カーボンチューブレスなのでビビりながら下ったけど、案外大丈夫だな。

時空チャンプの車に預けた荷物を回収してメイン会場へ。

計測チップを返して、冷たい胡麻ダレうどんとコロッケをもらう。うまいぞおおぉ!!

 

ラムネ(150円)がスルスルと入っていく、平成最後の夏。

 

 

 

 

日陰で表彰を待っていたがボチボチ始まる。

狙っていたわけじゃないけど、チーム名が良い感じにコールされるw

なんか、エントリーの時にいつものチーム名が入らなくて、文字数制限とか半角英数ダメとかで適当に。またやろうかなw

 

1~3位までは賞品があったので、自走なら持ち帰れないとこだった。いや~あぶなかった~(棒読み)

表彰終わって写真撮影になったが、入賞者6人が向かって左側順に並んだので、4位の自分は良い感じに真ん中だったので両手を上げておいたwww
f:id:anndorok:20180806231612j:image

ホントに優勝したカーボネックスさんごめんね(。ゝ(ェ)・)-☆

 

 

ロバートさんの表彰を見届けたら自走だしもう帰るか~の前に、鵜沼さんに挨拶していこうと思ったが忙しそうだし時間無いのでもう帰る。

イザルコさんと時空チャンプと三人で小野町のすずき屋食堂へ。城の向かいのところね。

ほどほどな冷房の中、汗だくになってカツ丼を食べる。うまい。
f:id:anndorok:20180806231633j:image

 

さらにミニストップでハロハロ宇治抹茶あずき、うまい。
f:id:anndorok:20180806231640j:image

ここから出られなくなる可能性を感じながらも、しばらく三人でだべる。

 

意を決して外に出たが、なぜかサイコンの電池が切れてる・・・。

マジかよ!!

確かに今日は3:50に出てきてつけっぱなしだから10時間近いけど・・・。

そういえば昨日サタアリ練の後充電してなかった。

TSSが分からないと精神衛生上良くないけど、イザルコさんのTSSを参考に推定するか。

 

帰りはゆっくり行こうね、とのことだったが体感的には普通に速い。確かに下り基調だけど、何のデータもない自分はされるがまま。

 

途中にあまりの暑さで川にダイブ!!つめた~い!
f:id:anndorok:20180806231441j:image
f:id:anndorok:20180806231545j:image

 

走り出してからも気持ちい。

 

 

川前過ぎたあたりから明らかに空気が変わった。蒸し暑い熱風が吹いてくる。

いわきヤバイ。ていうか小野は涼しいんだな。多少は標高あるし。

夏は川内とか山の上でトレーニングしたら快適なのでは?行くのがつらいけど。

 

やっと小川にいついたけど、何となくここからが遠く感じる。暑い。

跨線橋わたって、デイリーだったところでイザルコさんと別れる。

レース自走という愚行にお付き合いいただきありがとうございました。

 

家についたら16:05くらいなので12時間くらいお外で遊んだのに、推定距離144km、推定TSS285は効率悪くないかw?

レース自走の是非が問われる。

 

vivo smart HRによると運動消費カロリーは4272kcalらしい。

これ見たら何か食べたくなってきた。肉食べたい、肉。

イオンモール小名浜へ行って初めてのいきなりステーキ!!肉うめぇ!!


f:id:anndorok:20180806231838j:image

 

 

 

これだけ走ってたくさん汗かいたのに体重が増えているだと・・・!?

2018/08/04 土 サタアリ

明日はあぶくま洞HCに出るけど、レースのたびにテーパーというか疲労抜きをやってると、全体のボリュームが下がってしまうのが嫌なので自走で行く。

ボリューム減るのが嫌とか言っておきながら、今日はサタアリのみで軽めにしてしまった・・・。平日あんまりやらないから土日重視なのに(^_^;)))

まあ、おきなわ出るとかみたいな大きな目標もないし、そこまで神経質にならなくてもいいか。

 

今日のサタアリは人数が多いから二組に分けた。スタート時点で4-4だったかな?

このくらいの分け方はローテも回数増えるし良いと思う!!

自分の班はCX-1さん、黒ターマックさん、アレー君だったけど走り出してすぐにプリンスさんが追いついてきた。

 

諏訪神社手前からプリンスさんがアタック。最近この仕掛け方が多い。ワンパターンにならないのはよい。じわじわ追い詰めて、下り切ってチャッチ、そこから長めにもがく。先着したけどキツくて気持ち悪いぞwアカン。

 

ここで黒ターマックさん離脱で4人に。比較的おとなしく走り、踏み方を考えながら。

柳生はアレー君の後ろについて観察。遅れそうになったらケツ押そうかと思ったが、そのままクリア!下った後の平坦でハイスピードローテが楽しいからな! しかし、速すぎて切れる。

 

久ノ浜周回ではペダルの回し方意識。速いの遅いの。

セブン前の平坦もガッツリ上げて引ききる。

 

見た感じ高くて後ろな気がする。回してるけど平坦も登りもケツがはねてるからもっとどっしりしててもいいと思う。まあ、他人のポジションを指摘するのは難しいからアレだけど。

 

新舞子は良い感じに巡行できた。やっぱり木曜日に感じたことがうまく再現できてる。足が回るぜ。最後はもがきスイッチを入れずにそのまま上げきる。キッツい。

もがきスイッチも大事なんだけど、スイッチオフのまま上げられるところまで上げるのをやってみてる。

 

 

 

けっきょく、

 

プロペル君やアレー君が強くなる

コーノを脅かすようになる

身体は闘争を求める

アーマードコアの新作が出る

 

これなんだよな!

この理論で強くなっていこ!

 

 

 

帰ってからホームセンター言ってケルヒャー買ってきた。

いまさら感あるけど、これ楽しいなw

 

網戸とかベランダきれいにして、お昼食べたらすこしまったり。

 

そのあと、少しフレてるホイールをユウキにもっていってフレとりしてもらう。良い感じになおった。サイクルショップユウキはいいぞ~

2018/08/02 木 ロード宮田周回

昨日TTバイクに乗ったときに思ったのだが、ベースバーをもって走っていても、ロードバイクと比べて格段に足が回る。

ケイデンス100くらいが気持ちよく回せて、右と左の上下動のつり合いが取れてる。

このスムーズさが、ゴローさんに言われたように楽そうに走ってるということなんだろう。

実際楽に、筋肉の限界に突入せずにリラックスして足を回してる。

もちろん全体的なキツさはあるけど、局所的な(部分的な)筋肉の痛みとかはあまりない。

 

このスムーズさ、足の回り具合がロードではなかなか再現できない。それゆえ、ロードバイクでタイムトライアルをしたかつらおは思ったほどタイムを伸ばせなかった。(この時は前半突っ込みすぎたというのもあるが、一体感やスムーズさの欠如ゆえに焦っていたというのもある)

 

 

何が違うのか考えたが、やはりTTバイクが前乗りだからだろうか。

車検のあるレースには出たことないけど、一応サドルはBBから50mm後退の状態にしてある。

 

DHバー先端がBBから750mmという規定を守っていればサドルはBBから垂線を越えなければ50mmを越えてもよい(で合ってたかな?)、という規定は知っているが、シテロを使って50mm後退が自分的にはおさまりがよく、前に出しても操作性や踏込の感触がイマイチ合わなかった。

なので落差がなくて、おなか周りの空力が微妙なフォームだけど、ハンドル荷重が少ないので下総みたいなコーナーに飛び込んでいける感じはある。

 

シテロとパワーを比べると、先端の太さがまったく違うため、単に同じ後退幅では座っている位置は全く違う。当然シテロのほうが前に座れる。

座り位置を合わせようとしたら、パワーなら50mmを超えてしまうだろう。

鳥海の前もロードのポジションがおかしくなっていて、ほとんどぶっつけで走ったけど、けっこううまくいった。

結局、心肺機能が大事なのであってポジションは何でもいいのでは?という考えが頭をよぎったけど、とりあえずそれは頭の片隅にしまっておく。

まあ、ポジションぶっつけと言っても2~3か月前はだいたいその状態だったので、走れるはずだという予感はあってのことだった。

 

 

(週末はあぶくま洞HCだけど)しばらくロードバイクのレース予定もないし、夜練宮田周回でいろいろ試してみる。

ちなみに鳥海ではサドルは前に出てる。高さは変えず、やや前下がり。

TTバイクとの差は高さのほうが大きいかも。ロードのほうが少し高い感触。

 

思い切って1cm下げてみたが、下げすぎた・・・。前モモの膝よりのところがパンパンになった。これはアカン。足が回る感じはあったけどこれではだめだ。

 

次に高さそのままで後退してみる。座り位置が遠くなった分だいぶ違う。痛みは減ったがパワーが出ない。回そうとすれば回るが。

 

結局、高さと前後は鳥海の時に落ち着いた。角度だけほんの少し上げてみた。

 

すごく無駄なことやってるけど、こうしていじくりまわすのが好きだからどうしようもないヤツだな。

 

 

やっぱりロードはロード、TTバイクはTTバイクで切り離して考えないとだめか・・・。

 

しかし、サドルへの座り方の工夫でロードでもいい感じに回るポイントを見つけた。腰回りの重心の位置を少しずらしてみたら、足も回るしパワーも出る(当然、能力以上の出力が出るわけではない)。

 

パワーは全長が短いし後ろが反ってるから座り位置の変更ができない分、微妙な重心の位置というか、体重の乗せ方で変えるしかないかな。

 

アリオネが合いそうな予感がするけど、細くて耐えられなかったんだよなぁ。

2018/08/01 水 夕練TTバイク

定時上がりだと明るいうちにTTバイク練習ができる。朝も出来るけど、夜練すると朝は起きれない。

どちらかのリズムがいいけど、自分は夜練派。

 

夜にTTバイクは危ないから、できるだけ明るい時にやりたい。

そこで夕練ですよ。

夏場なら19時位まではけっこう明るいから、仕事終わってダッシュで帰れば新舞子一本くらいは出来る。

 

18時くらいに家を出たが、意外と暗い・・・。

確認したら18:43 日没だった(^_^;)))

もう夕練は厳しいな。ロードのみなら迷いは無いんだが。

 

とりあえず四倉から始めたけど、力入らなくて辛い。

あ~、今日はダメな日だ。昨日は良かったのに。

Ave340W維持してたけど気持ちが続かなくて踏みやめ。すごく中途半端になってしまった。

いろいろな過程の先にあのパフォーマンスがあるんだなぁ。

 

くらくなるまえにさっさと帰る。

TTのデータふりかえりしようと思ったけど、ビール飲んだら頭が働かなくなった(^_^;)))
f:id:anndorok:20180802064345j:image