ARGON18のE-117TRIを買いました

f:id:anndorok:20190330133634j:image

 

買っちった
f:id:anndorok:20190330134521j:image

 

実はオルドゥちやん、フォークコラムにクラック入ってまして、買い換えと相成りました。

 


f:id:anndorok:20190330133826j:image
f:id:anndorok:20190330133848j:image

E-117組むのメッチャ大変でした(^_^;)))

でも一度やったからもう大丈夫。いい経験でした。


f:id:anndorok:20190330133909j:image
f:id:anndorok:20190330134022j:image
f:id:anndorok:20190330133959j:image
f:id:anndorok:20190330134036j:image
f:id:anndorok:20190330134120j:image
f:id:anndorok:20190330134132j:image
f:id:anndorok:20190330134155j:image

 

 

インプレ的なものはいずれ・・・。

第7回湯ノ岳シュークリーム記録会

シュークリーム杯は、地元湯ノ岳で行われるローカルな記録会・・・のはずですが、年々メンツがエグくなってタイムがインフレしてきてる。


f:id:anndorok:20190322202206j:image
f:id:anndorok:20190322202222j:image

2年前に自分が22分10秒くらいで1位だったのは遥か遠い過去の話。

今は21分台でも3位以内にも入れない可能性があるほどw

 

去年は開催が無かったけど、これを楽しみにしていた地元民は結構いるはず。

本格的なシーズン突入前の力試しにはもってこいの記録会。

 

自分はLinkTOHOKUとしての参加なので順位には入らないけど、タイムは自己ベストを狙っていきたい。

 

 

数日前から週間予報とにらめっこして雨が降らないよう願っていたが、当日は雨。

雨雲レーダー見てると、走り終わったら止みそうな予報www

まあ、雨でもレースはあるわけで、それの想定をした練習にもなるし。

 

10:00に頂上P集合なので、アップと雑談(こっちがメインw)を考えれば9時くらいには到着しておきたい。

朝食はいつもの平日と同じ時間、同じもの。出勤するリズムと違うからだらけすぎた。

アレーで走ろうかと思っていたけど、BBにうぉーたーしーす的なスリーブがついてなくてクランクシャフトがフレーム内に露出しているから、浸水したらめんどくさそうなのでラソアで走ることに。

 

 

さーて出発するか~。

と思ったらすでに8:50

雑談の時間は無くなったし、アップの時間もヤベぇ・・・。

近すぎて油断してる。

 

駐車場に到着したら雲の中。

雨は降ってるけどそこまで強くない。

挨拶もそこそこに、三本取り出してアップ。

回し始めてみると、股関節周りが固い。これを動かせる状態に持っていけるようにするのがアップ。

心拍計はつけてないけど、関節と筋肉の声を聴きながら体を温める。

ふむふむ、いい感じに使える状態になってきた。

 

それと、いつもTT前に使ってるオイルを擦り込む。

相変わらずやべーなコイツ。めっちゃ脚軽くなるぞ。

なんかやばい物質とか入ってないだろうな・・・?何年か前のつくば9耐にアスリチューンも出してるブースで扱ってたし、大丈夫かな?

 

 

一応カメラを持ってきてあった。

GANさんが応援に来ていたので急遽カメラをお願いしたw

突然のお願いでスミマセン(笑)

カメラがあると分かっていればテンションも上がる!

https://drive.google.com/open?id=1Yl1PHx27Uj530-R54U8xMpy6PqcCnh8w

(削除を希望される方はお手数ですがご連絡下さい。フェイスブックでもツイッターでもインスタグラムでもコメントでもお葉書でも承ります。そのうち消えます。)


f:id:anndorok:20190322202309j:image

注意事項の説明があり、リンクの選手が先導で下山。先導二人でかぶってしまったので、途中で下がって真ん中くらいで下る。

路面は濡れてるけど、とくにトラブルなく下山。

 

と思ったらPAXさんがパンク・・・。おいマジか。

本人はテンションだだ下がりだけど、チューブを持ってる人がいたので急いで交換。

4000SⅡ硬い・・・。ちょっとおせっかいだったかな?

 

続々とスタートしていく。

最後まで残ってたのはPAXさんと、CAAD12さんと、カーボネックスさんと、自分。

そろそろ走り出さないと時間がヤバいw

 

パンク修理してたら結構体が冷えてきた。

震えながらスタート。

 

 

湯ノ岳の最初は、テンション上がって踏みすぎちゃうのでパワー見ながら自重。

しかし、カーボネックスさんぐ~っと上げていく。

 

つ、つよい・・・。

 

カーボネックスさんは、PAXさんと走りたくて残ってたと思うけど、自分としては強い人と走れるのでとても楽しい。

 

自分も380Wくらい出してるのにぐんぐん離れていく。

これはやべーな。

でもこの速度は普通じゃない。ずっとこのままではないはず(と信じたいw)。

集中してカーボネックスさんを追いかけてたら、PAXさんとCAAD12さんの霊圧が消えた・・・。

 

Ave340Wで5分くらいを経過したあたりで差が広がらなくなってきた。

前のカーボネックスさんもちょっとキツそうに上半身でリズムをとってる。あとペダリング

時々振り返ってるので、プレッシャーをかけながらじわじわと追いかける。

 

追いかけてる効果なのか、集中できてるからなのかそれほどキツさを感じない。

ホテル前のタイムが明らかに自己ベスト更新ペース。

辛いはずだけど楽しい。

 

 

5秒差くらいの状況が続いていたが、15分地点くらいでやっと横に並んだ。ちょっとはドラフティング効いてたかもw

 

しかし、前に出れない・・・。

カーボネックスさんも意地を出してるし、フェアに走ってる。そこにリスペクトがあります。まさに。

自分も現状のギリギリに近い走りができてる。たのしい。

 

緩い下りに入る前、ちょっと斜度上がったところでクッと踏まれてやや先行される。キツイ。

下りに入る前に引き離すつもりかな。そこは意地でもついていく。レースというよりは記録会なので、なるべく真後ろに入らないように。

 

のこり800mくらい?の林が途切れたところでGANさんがカメラを構えてる!

テンションあがる!!
f:id:anndorok:20190322202337j:image
f:id:anndorok:20190322202358j:image
f:id:anndorok:20190322202410j:image
f:id:anndorok:20190322202425j:image
f:id:anndorok:20190322202436j:image
f:id:anndorok:20190322202449j:image
f:id:anndorok:20190322202457j:image
f:id:anndorok:20190322202532j:image

しっかりカメラにアピールして通り過ぎる。

 

残り距離は少ない。

カーボネックスさんがダンシングでペース上げる

自分は辛くて立ち上がれず、シッティングで踏み回して食らいつく。

 

きつくてあんまり覚えてない。

STRVAの計測地点を過ぎて左に曲がってスプリントせずゴール。

終わってしまった。

 

なんだろう、きついけどまだやれるような、出し切ってないような気持ち。

でも最後は体が動かなかったのだから、気持ちだけでなんとかもってたのかな。

 

事前の想定でもカーボネックスさんのほうが少し強いはずで、ここまでついていけたことが驚き。

雨で寒かったけど、体はよく動いてくれたし、ラソアちゃんもいい働きをしてくれた。

 

 



f:id:anndorok:20190322204240j:image

上着を羽織って表彰式、とういうかシュークリーム贈呈式。

あのカロリーをクライマーに贈るというところに愛があるな(白目)

自分も運営特権で小さいのをいただく。うまい。

 

撤収して、無限に雑談していたいところを切り上げて帰宅。

帰って工具箱まわりの整理をする。

 

 

 

次は4月初旬に栃木県某所で大規模な練習会。その翌週はツールドかつらお。

TTバイクが組みあがってれば使いたいな。

 

羽付き餃子を焼くのが上手くなってきた。
f:id:anndorok:20190322202616j:image

羽根ついてりゃいいってわけじゃないけども。

2019 みんなのタイムトライアルジャパン 1st in 彩湖 クラシック 2位

昨年も参加したタイムトライアルシリーズ戦の1stageが埼玉県の彩湖道満グリーンパークで開催され、クラシックの部に参加しました。

結果は2位。
f:id:anndorok:20190309175259j:image

ド平坦の彩湖で、(軽量ではないが)小柄な自分としては上出来ではないかと思います。
f:id:anndorok:20190309175313j:image

約9秒差ですが、100W以上差があったようです・・・。そりゃパワー負けするわ。

でも逆に考えると自分は結構エコノミーなのでは?

重量級でも軽量級でもない中途半端バランス感が持ち味かな。小さく構えてそこそこ踏む、で頑張ろう。

 

タイムトライアルはいいぞ~

 

 

さて、今年からLinkTOHOKUに所属してJBCFも走りますが、開幕の修善寺は回避(苦笑)。

今後の予定としては、

湯の岳シュークリーム杯

ツールドかつらお(チーム)

JBCF群馬(1日目)

こいのぼり杯 加須TT

といったところですかね。

ふくしまシリーズは全戦参加予定ですし、群馬以降近場のJBCFも参戦していきたいと考えています。

 

 

とりあえず明日は朝練出ますけど、まずはビールですね!!

 

 

以下、レポート。

 

 

タイムトライアルの出走は7:40頃で試走終了が6時35分・・・。アップも考えると結構時間無い。

となれば朝起きるのは辛いので、夜のうちに出発して高速のSAで仮眠。

5時20分くらいには駐車場に到着。なんかおなか痛いのでトイレ。

 

今回はエンデューロ出ないので、駐車場で三本ローラーしてアップ。

心拍見ながら。ベルトのいらないAIRFITはいいぞ~。

どこまであげたほうがいい?

 

朝は寒かったけど、上下スウェットも着てたから結構汗かいた。

その後はいつものオイル。もう、ほぼおまじないだな。やると安心。

 

去年と違って、S/F地点が対岸の橋わたる手前200mくらい?

ここのほうがスタートもゴールもスムーズかも。でも逆走禁止だからスタート地点に行くまでけっこう時間かかる。

 

スタート10分前に到着(ちょっと遅いw)

一応着てきたパーカーを脱いで待つが、それほど寒くはない。

風もあまり無いし。

 

ミヤケンさんが通過したタイムからおおよその速度を計算。今日はあまり速度出ない日かも。

徐々に集中を高めていく。

が、

ペタルをはめようとしたら、泥が詰まっててはまりづらい・・・。

しかしそれほど焦りもなく、やれる範囲で泥を落とし、ペダルが入ることを確認。

まあ、もがかないし。大丈夫。

 

 

さて、自分の番。

20秒間隔でスタートしていくので、実際に追い越しも発生するだろうが、道幅が広いから大丈夫だろう。

両足はめてカウントダウン。

アナウンスが去年の最終戦優勝者であることを告げている声を聴きながらスタート。

 

まずはベースバーもって踏み込んで加速。

カンカンカン、とギアを上げながらダンシング。

すぐに直角コーナーで、その手前は濡れているので少し慎重に。

曲がって橋の上までダンシング・・・するが、すぐに下って直角コーナー。けっこうゆっくりクリアしてしまった。いかんいかん。。

 

直線に入って速度を上げていくが、そよ風のような微風で、パワー値ほど速度が乗らない。しっかり耐えて、上げすぎず落としすぎず。

ちょっとパワー出すぎかな。

土手へ登ったところで前走者をパス。

下ってスピードは乗るが、バンプがあるのでカッとんで行けない。

馬鹿正直にど真ん中を通過したら、衝撃で右ひじがパッドから落ちたw

やべぇー、少し焦ったけど大丈夫、ベースバーに持ち替える。

今度は衝撃でハンドルが下がった錯覚に陥ったので、次の周回はバンプの切れ目の右端を狙うと固く心に誓った。

 

登って下って、シケインはなるべくまっすぐクリア。

直線に入って速度を上げていくが、やはりこちら側のほうが追い風なのか速度が乗る。

速度を稼ぐように踏み込んでいく(実際は向かい風ほど頑張ったほうが良い)

ゴール位置までの距離感を意識しながら走って1周目を終える。たぶん6分30秒くらい。もう少しほしいところだが・・・。

 

また濡れた路面の後の直角コーナー。セーフティー気味にクリア。橋の登りは踏み込む。休む。コーナー安全に。

コーナーでロスしてるのは明らかだが、やむをえぬ。

直線は踏み込んで速度を維持。何とかAve43km/hにしたいところだが、上がり切らない。ド平坦だけどアベレージ出ないコースだな・・・。下総は流れるコースだから速度出るのかな。

 

追い越すときは「On your Left!!」と叫びながら・・・あ、嘘です。日本語でした。

 

ド平坦つらい

 

2周目のバンプは上手にクリア。

 

残りはもう出し切ってもいい。全開で踏み回す。

キツイ。四頭筋がヤバい。(いまさらだけどポジション出てない・・・。)

 

でも、フォームは良い!!はず!

 

このフォームにパワーをぶち込んで踏み回す・・・。50km/hまでは届かないが、最後の一滴まで絞り出す。

ゴール。

 

やべー


f:id:anndorok:20190309183335j:image

 

苦しい、あー。

 

手元で13分ちょうどくらい。

去年とは条件が違いすぎて比較にならない。

いいのか悪いのかわからないが、今はこれ以上は出ない・・・。

しかし、明らかに去年よりもパワー出てない。

このコースは足止まるし、こんなもんか。直前の練習よりは良かった。本番効果だな。

 

2周目の行きで少し落ちたかなー。

 

ゴール後にお話しした感触では、入賞はしてそう。数秒負けくらいはある。

リザルトの掲示までは結構時間かかる。

その間は、フルカーボンチェーンリングをおかずにお話ししたりとか。ぐだぐだ待つ。

 

きた

 

 

みた

 

 

まけた

 

 

2位かーーーーーー。

 

いや、2位はすごい事だよ。いいじゃん!やったー!

よしよし。

なになに、8.9秒差・・・。

 

・・・結構あるな。100mは無いくらいか?

 

パワー負けだな。

 

 

 

これまた表彰式がなかなか始まらない。
f:id:anndorok:20190309180246j:image

おなかすいて、コーヒーとマフィンを買ってきたところで、ちょうど表彰式始まって焦る。
f:id:anndorok:20190309180339j:image

バイヤモさん、「たいあーど」って言ったのは分かった・・・。あとは「ぐっどれーす」

次に自分にマイクが向けられた!いや、当然なんだけど、何も考えてなかった。とっさに「べりーたいあーど」と口走ってしまった。笑いは取れたけど、もう少し考えて発言すればよかった(笑)

 

 

 

片付けして、トランソニックさんと別れ帰路につく。

まだ10時前だ。

 

いわきでやってないし、ヘブンズフィールでも観て行こうかと思ったけど、意外と疲れてたのでそのまま帰る。

途中で某自転車ショップに寄ってargon18のTTバイクがメーカー在庫あるか聞いてみたけど、Sサイズは無くて取り寄せだとか。う~ん、どーしよ。

オルドゥちゃん結構ヤバくて、退役間近かなと思ってる。加須に間に合うか、加須までもつか。

 

しばらくはロードを楽しんで、またTTバイクで苦しもう。

2018Flecha走行会 Vol.3 in フレンドリーパーク下総 に参加してきました

去年も参加させていただいたこの走行会、

これからレースに出場しようと思っている方(もちろん経験者も参加OKです)に向けた実践形式の合同走行会を開催致します。普段単独で走っている方(教えてくれる方がいない等)でも、同じ一つの目標に向かって一緒に練習を行い、気兼ねなく質問したり相談出来る場を参加される皆様と一緒に作って行きたいと思います。
また、普段交流する事があまり出来ない方達との接点も作って行きたいと思います。

とのこと、(・_・D フムフム (コピペ) 

普段の公道での練習では2列でのローテーションの練習なんて出来ないし、押し合いや逆手ハンドルも危なくてできない。

そういう練習を、教わりながらできるというのはなかなか無い機会だと思います。

 

講習会と模擬レースと二時間エンデューロで3000円はお得!!!

しかも今回は黒字につき100円キャッシュバック!!100円あったらマックへ行こう!

 

模擬レースの結果は確認してないけど血の味がしたことだけは覚えてます(^ω^)

二時間エンデューロはいちおう一着でしたが、気持ち的にはやられた~って感じ。


f:id:anndorok:20181202071044j:image
f:id:anndorok:20181202071102j:image

 

 

以下、レポートのようなものです。

 

朝は4時45分起床・・・いや15分はベッドのなかだった。

6時にプリンスさんを迎えに行くことになってたので、5時半に出れば余裕~と思ったらドタバタして安定の遅刻。申し訳ない・・・。

車の中でおにぎり二つとパン一つを食べる。

 

8時ちょい過ぎくらいには会場到着。

けっこう暖かい。12月になったとは思えない陽気。シューズカバーもジャケットもいらんね。

今回のホイールはキシリウム。かかり重視だったが・・・。

 

受付して計測チップを受け取り。長いバンドで足首に巻くタイプ。

開会式でスケジュールの確認などをして、走行講習会から。

 

講習会の内容は押し合い、静止状態からのダッシュ、逆手ハンドル、ローテーション練習。

押し合いでは、TT仲間のプロペルさんと。体格が合う人で組んでくださいとのことだったが、けっこう身長差あった(^^;)))

ハンドルの高さもけっこう違うし、肩での押し合いは結構アレ。ふんふん、けっこういい感じ。

 

静止状態からのダッシュは結構得意、TTのスタートでも必要だし。

白いラインに沿って真っ直ぐ加速していく練習。

しかしちょっとまっすぐじゃなかったかも。

 

逆手ハンドルは初めてではないが、けっこう難しい。ハンドルに体重をかけすぎないという練習なのかな。

TTもハンドルで操舵しないでサドルと体幹と重心で走るもんな~。

子供が転んでたから注意が必要な難しい練習。

「まっすぐ走る」ということですね。

 

二列でのローテーション練習ができるのはとてもよい。

加速するのは隊列に戻るとき。減速するのは先頭からはけたとき。

先頭に出た!と思ってスピード上げない。

右回りと左回りをどっちもやっておく。

速度を維持して先頭に出て、はけた前走者が視界の端から消えたらゆっくり隊列を下りていく。

(で合ってる?違ってたら誰かつっこんでね^^ )

ホビーレースではこれができてるケースはかなり少ない。

でも、少人数の逃げになったときとか 、これができるかどうかでかなり違うと思う。

午後の二時間エンデューロでもかなり役立ちましたよ~。

 

 

技術練習の後は7周の模擬レース。上級、中級、初級に分かれたけど、上級のメンツがヤバい。とてもヤバイ。

まずは初級のレースがあって、中級の後に上級。

積極的に行くぞ~と思って挑んだけど、繰り返し飛び出してみてもなかなか離れない。結局スプリントになってズブズブ沈んで順位不明。血の味がする・・・。のどがヤバい。

一周ダウンしてきたら、おかわりレースが整列してる。とりあえず何も考えずに並ぶ。

最初の5周はゆっくりとのことなのでおとなしく足を回す。残り2周になったところでプリンスさんともう一人が飛び出した。疲れてて追いかける気がゼロなのでゆるゆる走る。最後の1周はペースを上げてゴール。順位不明。

 

とりあえず短時間高強度が苦手なことはわかった(^ω^)

 

午前はここまでで、お昼休み。

すぐ近くにスーパーがあるので買い物に。めちゃくちゃ近いけど車で行くw

生姜焼き弁当とプリンとおにぎりと飲み物を購入。ちょっとガッツリすぎたかもしれないけど、二時間エンデューロは14時からだし、15時くらいにはエネルギーになるやろ(^ω^)
f:id:anndorok:20181202103951j:image

 

 

午後最初のプログラムは小中高と裏方さんの14周レース。混走だったが、中盤からきり君と湾岸(OP)が抜け出して30秒以上差をつけてる。くそつよい。

 

さ~て、今日のメインディッシュである二時間エンデューロ!(個人の感想です)

午前中のローテーション練習でやったことをちゃんと出せるように。

GoProもってきたけど、容量と電池の都合で途中までしか撮れてない・・・。ノー編集だけど後でアップします。

 

 

 

今回のエンデューロのゴールのルールは、二時間(16時)になる前の周回の着順で決まるということになっている。(重要)

これは少人数で計測しているため、先頭管理の都合だそうで。ということは普段のレースはそういうところ等、いろいろな人手によって成り立っているんですね。

今回のようにコンパクトな練習会のような形式ならこういうのもあり。事前にわかってるルールに不利は無いからね。

 

 

 

開始直後はみんな元気だしローテもうまくいかない。

そんななか2人が飛び出してる。それほど勢いないし、時間も始まったばかりだし、2人だし・・・って感じでしばらく泳がされてる状態。集団もけっこうスローペース。

そんな状況にしびれを切らしたのか、茨城のジャージの高校生がペースを上げる。

これをきっかけに活性化して2人を吸収。それからは飛び出しがあったりもしたが、基本的にスローペースのまま。

 

45分過ぎたくらいかな?ペースを活性化させようと思って単独で飛び出す。

軽く踏むのではなく、それなりに本気で逃げてみる。捕まっても集団のペースが上がればいいし、誰かが飛び出してくるのを期待。

野球場過ぎて登り始まるあたりで6~7人ほどに追いつかれたが、後ろとは少し差が空いているようだ。やる気のあるメンツの逃げなら決まるかも。

 

後ろは追走ローテが機能していないのか、ほぼ決まった感じ。

 

何人か落ちたかもしれないけど、メンツは6人。きり君、プリンスさん、ラファエラクルさん、パワフルなスペシャくん、湾岸エモンダさん。

始めはローテーションがぎこちなかったけど、きり君の積極的な声かけで徐々に回り始める。午前中のローテーション練習は大事!

 

しかしペースはそれほど速くない。綺麗なローテーションを意識するあまりスピードがだせてないのかな?

でも、よく観察してると呼吸や体のぶれがあるライダーがいることが分かった。意外と足にきてるのか?

ローテしながらみんなの状態を見てると、やはりきり君は余裕があるように思う。エモンダさんはサポートライダーで他のレースも走ってるからそれなりに足使ってるはず・・・それはきり君も同じか。エラクルさんは積極的だけど惜しみなく足を使ってる印象。スペシャくんは体重ありそうで結構キツそう。プリンスさんはいつも走ってるからよくわかる。

 

最後の展開を考えながらそのまま走る。

しばらくすると第2集団をラップ。ここで先頭も緩み、補給をしながら。

周回遅れの人がローテに入ってきたけど、ローテの仕方を説明しながら(きり君が!)。おっさんは経験不足で的確な指示とかできなかたわ~。

このあたりでスペシャくんが降りま~すと言っていなくなった。

周回遅れの人の斜行があってヤベェ!というところもあったけど落車にならなくてよかった。

 

ここからはどのタイミングで仕掛けるか、足の残り具合を観察しながら。

スペシャくんが落ちて、周回遅れの湾岸ガノーさんとラファマドンさんが入ったので実質4人の争い。

エモンダさんとエラクルさんは登りきりでダンシングしていて、その挙動からして足にきてると判断。プリンスさんのことはよくわかってる(よくわかってない)

やはりこの中では自分ときり君が足があるな。

 

去年は3人のスプリントで勝ったけど、あれは半澤さんの爆上げがあったからああいう展開になっただけで、なるべくスプリントは回避したいし、少なくともきり君とのマッチスプリントにしたい。

 

抜け出すまでじゃなくても登りで強めにペースアップすれば2回くらいで人数がばらけそうな気がする。

一度登りでダンシングしてみて足の感触を確認。ふむ、よく動く。これならいける。

サイコンの表示を時計に変える。

 

ちょっと仕掛けるタイミングを引っ張りすぎて残り周回が足りないかも。 

そうか、残り周回が減るということは残り攻撃可能回数が減るということか・・・。

自分の感覚では残り3周というところで登りを使ってアタック。

 

ダージリンに「戦いは最後の五分間にあるのよ」って言われた気がした。

 

キレは無いけど鈍器で殴るようなアタック。

誰も反応しなかったようなので、ここからはタイムトライアルのつもりで。ちなみに今年は下総でTT三勝してます(^_^)v下総マイスター。

それなりに疲労はあるけどしっかり踏めてる。行ける。

やっぱり独走は気持ちいい~。

パワーはほとんど見ないで体と相談しながら。

 

後ろを振り返ってみても周回遅れの人影なのか追走なのか判別出来ないくらいにはいっぱいいっぱい。

予想ではローテーションはもう機能しないと思ったし、追い上げてくるとしてもきり君一人かなと考えていた。

 

時計見ながら走るけど周回数が微妙なところだ・・・。

そういえば、二時間(16時)になる前の周回の着順で決まるんだったな。

15時57分くらいでゴールライン通過した気がするけど、秒数によってはゴールしたかもう一周か・・・。悩んだら行くしかない。

(後から考えたら、この周回をスローペースにすれば16時まわって、前の周回がゴールになるから勝利確定だったけどそんなこと冷静に考えることは出来なかったw)

 

しかし、サッカー場のあたりで影がチラチラ。

きり君来た!!

単独で追い付いてきた、マジか!

 

少し牽制ぎみになりながら、「たぶんこれがラストだね~」とか話ながらゴールへの態勢を整える。

逃げ切るつもりでほぼ全開だったからけっこうキツイ。逃げながらも余裕をもつという裏テーマを忘れていた・・・。

野球場過ぎたあたりできり君を前に出して後ろにつく。

登りながらスプリント態勢に入るが、今回はきり君の距離感がいい。

自分の足がいっぱいなこともあって半車身くらいが詰めきれずに先着される。

 

くそー!と思ってサイコン見たら

あれ?

16時00分0?秒

 

もしかしたらさっきの周回がゴールやん!

 

でも、二人の認識は今のがゴールだったから気持ち的には負けた~って感じ(^_^;)))

ゴール後、流しながらレース中のことを話したりしたけどこういう時間ってすごく楽しいよね(*^^*)

 

だいたいこんな感じ

f:id:anndorok:20181202123214p:plain

飛び出した瞬間は800Wくらい。

ラスト5分は315W程度なのでまあまあアレだな。

 

 

 

 

リザルトが出てみたら三秒差で一着だった。

やっぱり前の周回だったけど、けっこうつめられてたな。

三秒だと30mくらいかな?

 

6人の先頭集団になったときは、常にきり君が、ローテーションの声かけしててとても勉強になる。

・ローテの下りる方向、右か左か。今回は左カーブが多いから右かな?

・下りてくとき隊列に寄って近くを通ってなるべく空気抵抗を減らす。離れすぎない。

・コース幅が広いとはいえなるべくイン側を走る。

・急にペースを上げすぎないで。

これらを100回くらいは言ってた。

すごくためになる・・・。

15歳下の先生だ。

 

 


f:id:anndorok:20181202120304j:image
f:id:anndorok:20181202113218j:image



今回もこのような講習会、模擬レースなとを開催していただいた運営やサポートの皆様に感謝申し上げます。

次回もぜひ参加したいと思います(*^^*)

 

 

 

 

 

 

閉会式終わって、だらだら片付けて帰路につく。

なんと!プリンスさんは120km自走で実家に帰るとのこと!超人かよ!どういう寸法なん?

何はともあれ無事に帰れたようで良かった良かった。

 

帰りにいったん高速を下りて、つくばのペニーレインでパンを買った(*^^*)
f:id:anndorok:20181202120625j:image
f:id:anndorok:20181202120637j:image
f:id:anndorok:20181202120645j:image
f:id:anndorok:20181202120653j:image
f:id:anndorok:20181202120701j:image
うめぇうめぇ。わざわざ高速下りて買いにいく価値あり!

 

無事に家に帰りバキバキになった体をお風呂で癒す。

たぶん明日のサタアリ練には行けないなw

起きれる気がしない。

 

 

来週は幸手クリテリウムに出る予定。

今のところ未登録なので臨時登録上級のカテゴリー。

安全に行くで!

第1回ツール・ド・はなわ 74km 10位

福島県東白川郡塙町で開催されたツールドはなわに参加してきました。

一周7.7kmの公道周回コースを使用した74kmのロードレースに出場し、結果は10位でした。

初開催となったレースでしたが、走りやすく戦略とパワーが要求されるコースでした。

 

三周目にできた2名の逃げを13名ほどの集団が追走する展開でしたが、平坦がほとんど無く、勾配が緩い狭い下りでローテーションしづらい状況。

最終周回にペースが上がり、登りのピークで逃げの2名をキャッチしたようだが、自分はそのペースに耐えきれずにドロップ。

 

別なカテゴリーで落車があったようだが、自分は無事にゴール出来たのでそれは良かった。

しかし、もっと積極的に走れるようになりたい。そのためには走力、経験、技術がまだまだ足りないと感じました。
f:id:anndorok:20181127123329j:image
f:id:anndorok:20181127123348j:image
f:id:anndorok:20181127123403j:image
f:id:anndorok:20181127123426j:image
f:id:anndorok:20181127123441j:image
f:id:anndorok:20181127123532j:image





以下、簡単なレポート。

 

一周目、集団はおおきくペースも速くない。下りでなべぷろがふっとんでいく。下りの斜度は緩いが、道幅が狭くて先頭交代はうまく行かない。

 

二周目、なべぷろ吸収。アタックがかかれば便乗する(自ら仕掛けず消極的ともとれる)。踏めば前には出れる。後半のキツイ登りで、なべぷろから「○○○○○○(よく聞き取れなかった)自分からアタック行かなきゃ!!」(うろ覚え)と言われ、踏み込んで前に出るが中途半端だった・・・。突き抜けるようなアタックを撃てるようにしたい。

 

(たぶん)三周目、ビアンキ北野氏が登りのキツくなる少し手前からアタック。反応できず(せず)二人に先行される。10秒差ほどで登りきり、下りで追走する。前がチラチラ見えるので全開で踏み込んだら後ろが離れてる。前もそれほど遠くないからそのまま踏み続けたら完全に芋掘り状態。シャセパタ。徐々に前が離れていく・・・。

 

四周目、登りが始まったところで自分は集団に吸収される。この時点で両足がつりそう。芋掘りのダメージヤバい。ボトルの消費量が多い。つったら千切れる。ごまかしながら走って、何とか登りもクリア。ぜんぜん前に出られない。

 

五周目以降は周回のカウントの記憶がないw

水はなくなるし、つりそうだし、とにかくギリギリしがみついてるだけ。

50kmの部がゴールして、あと3周かな?と思ったけど、次の周回でモトから「次のゴールラインでジャンが鳴ります」と言われる。その瞬間は、あと少しか~くらいにしか思わなかったけど、後で考えたら想定より一周少ない?でもたぶんゴールラインからスタート地点まで行くとちょうどなのかな?

 

最終周回の登りでついていけなくなって千切れる。

たぶん10位くらいでゴール。

なかなか、キツイ・・・。ゴール後に言われたこともささる。強くなりたい。

 

けんちんうどんと温泉で疲れを癒す。

悔しい。なんかレース出たい。

ラ・フランスとても美味しいです!