2017スカイバレーヒルクライム

カイバレーヒルクライム

年代別4位でした!
f:id:anndorok:20170910164404j:image

 

 

 

 

以下レポート

4時50分位に起きる。体はどこも痛くない、良く寝れた。オレンジジュースとヨーグルトを食べて準備をする。ゼッケンは事前に着けていた、ニットーゴセンバンを使ってます。

駐車場に5時20分位に着いたが結構うまってる、なんとかK井さんの隣に停めることができた。それにしても寒い。朝の気温は10℃とのことなのでいわきの朝より7~8℃低い。

自転車を出して準備しているとS川さんと合流出来た。一緒に湖畔をアップ。回す回す回す。調子悪くない、水石山34分に相当する感触のよさ。

ぼちぼち整列するとIさん(以下ターマック)に声をかけられる。彼は先月の八方ヶ原で競り合って1分くらい負けている。当然マークする。後ろにはK田さん(以下カーボネックス)も来ている、手をふってご挨拶。寒かったのでインナー着ていたが、暑くなりそうなので車に置きに行く。すると、向かいからS野さん(以下マドン)が。自分のこと覚えてるか分からないが声をかけたら覚えてた、一年ぶり3回目。彼とはリザルト上は一勝一敗だが、2回ともトラブルがあり決着がついていない。

この三人ははじめからマークしていたが、みんな同じ組になったのでレース展開が楽しみになる。最前列でスタートを待つ。

計測はグロスタイムだが、同じカテゴリーが3組に分けられるので、ゴールしたときには順位が分からない。他の組の結果もあるので牽制は出来ない。

スタート、クリートキャッチオッケー。ターマックさんが積極的に行く。カーボネックスさんとそのチームメイト、マドンさん、自分が積極的。大体予想通りのメンツ。カーボネックスさんがチームメイトを伴って少し抜け出すがそれほど差がつかない。スムーズではないが一応ローテーションが回る。

だが、あのくらいのコーナーで足を止めるから、それを嫌って前に出る。それでも回ってくるのはマドンさん。ターマックさんは踏み方が粗っぽい、これに負けたのか?カーボネックスさんのチームメイトは少しつらそう。カーボネックスさんは余裕そう。

早稲沢前最後の下りコーナーで前に出て踏む。どのくらい着いてきてるのか。まあまあバラけてるからよし。この辺から前のカテゴリーがたくさん降ってくる。マドンさんとカーボネックスさんの調子が良さそう。まだ仕掛けてくる人はいないが、去年この辺で遅れたのでビクビクしながら走る。

 

料金所まできてもかからないので自分のペースで行くと決める。

カーボネックスさんとマドンさんはローテーションするがちょっとキツそう。徐々に後ろの気配が小さくなっていく。自分はケイデンス高めで300Wちょっとを維持する。振り返るのが怖かったので淡々と。

後ろからギアの音とか呼吸が聞こえないのでヘアピンで振り返ってみるとマドンさんしかいない。これは自分が強いのか。パワーとケイデンスを監視しながら自分のペース。斜度が緩むとマドンさんが遅れそうな気配、ここは踏まなければいけないところ。パワー見てれば平坦も踏むのは当然。

離した気がするので自分のペースを守る。しかし、ちょっとずつケイデンスが落ちてくる。キツイ。後ろは見たくない。木が少なくなる。残り4kmの看板、耐える。前から降ってくる人が少なくなってきた、目標物があると楽なんだが。

この辺で後ろから激しい息遣い、さすがに振り返ると1分遅くスタートした組の選手!速すぎる、でも去年の優勝者ではない。この時点で3位以下だなと悟る。この選手の息遣いを見て自分の追い込みが足りていないことを恥じる。呼吸が楽に走りすぎている、自分が垂れていると感じる。この選手を追いかけても仕方がないので落ち着いて走る。

残り2km。この辺から斜度が緩むところが出てきてラスト700mくらいでほぼ平坦になる。去年はここでアウターに入れたときにチェーン落ちをしてしまった。今年は落ち着いてリアで対応する。右カーブ過ぎてゴールが見える、残り500m。平坦がキツイ。後ろは来てない。腰を上げられない。ハンドルしがみつきラストスパート。38分は切れなそう。ゴール。

待機地点に下る。わりとすぐにマドンさんとカーボネックスさんがゴールする。あんまり離れてなかったな。相手からは自分が見えていたかな。二人と健闘を讃え合い、みんなのゴールを待つ。続々といわき勢がゴールしてくる。

 

待機所でもらったパンを一袋食べきってしまう。うまい。

多分このタイムなら入賞はしているだろう。しかし、下らないと結果が分からない。なんとも言えないシステムだ。自分の組では一番だったが、危ういタイムだ。

S川さんとおしゃべりしながら下山を待つ。レースのこと練習のこと機材のこと、自転車トークは楽しい。タイミング良く下山はグループの先頭で、先導車の後ろに着けた。前に人いないから楽。もう少しで下りきる所で先導車を追い越すアホが現れる。案の定、対向車が来て危ない。どう考えても右側を走っていいはずがない。まあ、交通ルールについて自分が言える立場ではないが。

 

下山して完走証を貰うと、順位が印刷されている。年代別4位!総合15位。よし、表彰台!今晩の酒が旨くなる。すでに豚汁が旨い。

みなさんとおしゃべりしながら表彰式を待つ。長い。I福さんのワンピースがエロい。表彰式では123456の並びだったので自分が真ん中でまるで勝ったかのよう(笑)。次はもっと上を目指しますよ。

 

次戦はいわきクリテ(まだエントリーしてない)、白河、霞ヶ浦ジャパンカップ、古殿と続きます。出過ぎですね。葛尾は自重します。

 

さて、帰ってワイン飲みます。できれば冷えた白、シャルドネじゃなくてソーヴィニヨンブランがいい。