2017/11/3サタアリ

久しぶりのサタアリ。ここのところ週末はレースが続いていたので楽しみ。

集合場所に到着すると8人。途中でイザルコマックスさんが合流するはずなので、結構な人数だ。

走り出してみるとサドルの前下がりが窮屈。古殿の直前にいじったが、あまりよくなかったな。先頭交代すると、出してるパワーよりも進まない感触がある。今日はそういう日?40km/h出すのに320Wくらい必要なイメージ。6時スタートだと信号によく引っかかるので、信号無視しないように、急ブレーキで後ろが危なくないように気をつける。

 

一ノ坪の交差点でイザルコマックスさんと合流。沖縄を目前にして調子が上がっているようだ。今日の展開はいつもと違うと予想。花見山はいつもよりまったりな印象。のこったのはストライカーさん、アンカーさん、イザルコさん、プロペルさん。小学校の坂ではとくにかからない。しかし、下って高速すぎた後の小さな登り返しでストライカーさんが強烈に踏む。がっつり踏んでる様には見えないが、けっこうなパワー。その後開けた平坦で先頭に出ているときにストライカーさんがアタック。少し反応は遅れたが自分も踏んで後ろにつく。反応が遅れたので長めに踏んだこともあってか、後ろが離れたので前に出てスピードを上げる。結構キツイので、ストライカーさんに先頭交代を要求したが、前に出てくれない。駆け引きが始まったか!と思ったが、ストライカーさんキツそう・・・。これはいけると思い踏み込んで独走に持ち込む。キツイ。キツイけど残りは700mくらいだと思うので気合で踏む。残り300mくらいで逃げ切りを確信したので緩める。すぐ後ろにイザルコマックスさん。

 

キツかった。久々に喉から血が出そうな感じになった。おそらく高強度の練習が不足している。JC以降は練習強度が下がってたかな?小玉ダムもやったけどここ1週間での落ち込みが大きい。もともとインターバルはやらないが・・・。

 

みんなをまってから49号を下るが、がたがた道でイザルコマックスさんのボトルが飛ぶ。長距離のレースではボトル一つのロストでも大変そう。そこでおすすめはOGKのPC-3です。安っぽいけど、とにかくボトルが飛ばない。確か、IRCユーラシアがベルギーのレースで使っててボトルロストが少ないということを見たことがある。オヌヌヌ。

 

工業団地前の坂でイザルコさんを待ってSPへ。信号まで先頭で足を使ってしまっていっぱいいっぱい。最後尾で入るがしっかりついていく。各々がかけ始めると道に広がってしまい後ろから抜くのは怖い。流して通過。

小野までローテーションしていくが、やっぱり先頭に出ると進まない感じがする。確かに空気圧は低めだが、それはいつものことだしな・・・。諏訪神社前のストレートで最後尾にいたので、どのへんで前に出ようか様子をうかがっていたが、かかる気配がないので早めに自分で行ってみる。するっと前に出ると後ろが離れたので踏み込む。後ろが離れたので頑張るが早めに仕掛けたのでキツイ。あと、アウタートップは踏み切れない。下りの勢いでそのままのギアで行くとだめだということが分かった(前にもそんな感想を抱いたはずでは?)。

 

今日は時間が遅いので車が多く人数も多いので、柳生の入り口で人数を分ける。しかし、若者チームは3人だけになってしまった。6人から逃げ切る練習になった。少人数のローテーションなので、スムーズに回ることを心掛けたが、少しプロペルさんが足にきてるみたい。足がある人は早く(強く)引くのではなく、長く引くとTTTの時に教わったので長めに引く。レースだったら均等に引くが、逃げ切りの練習。大野すぎたGSがある信号に引っかかってしまい。後ろに追いつかれそうになる。信号変わって追いつかれる前に次の信号をクリア出来たので、しばらくして後ろを振り返ると見えなくなっていたので、信号に引っかかったようだ。しっかり踏んで、ローテーションして逃げ切り。

 

新舞子へむかうが、チーム分けがやはり若者3人に(^ ^;)))。今度は逃げ切るためというより頭をとることを考える。走り出してみるとプロペルさんが辛そう。イザルコさんに注意しながらローテーションする。新舞子で残り距離を計る時に目安にしてるのは橋と沼。ローテーションの回り具合を見ながら沼のところで先頭を引きやめて後ろにつく。病院の近くまでイザルコさんが引いたので距離はあるが早めにアタック。このタイミングならイザルコさんとプロペルさんのどちらも離せると判断したのだ。追い抜くとき車道に広がりすぎたのは反省したい。無事引き離してゴール。

 

この後走りに行こうか考えたが、考えただけだった。

 

明日はオーバーホールしに船橋へ。ついでに、サイクルモードも見に行こうかな?