週末

土曜日

サタアリから始まり、山麓線まで。

7時スタートだが、3分遅れの失態。申し訳ない。もう二度と遅刻しません(フラグ)

メンバー控えめ。自分としては、花見山で少人数では面白くないので、プロペルさんが残れる強度で行く。入りを少し弱めにして、斜度が緩むところでも上げすぎないように。ついてくる気配がするので、よし、と思い高速下からそれなりのペースで踏む。ピークまでついてきたので後ろを振り返ってみるとプリンスさんがいない。普段なら千切れたりはしないと思うが、調子が良くなかったみたいだ。プロペルさんとローテーションしながらSPへ近づくが、なかなか先頭交代要求してこない。それならと思って、しっかり休む。ゴール前3~400mくらいで、アタックというほどでもないペースアップするとあっさり千切れてしまった。均等に交代しようとしてたのかな?それもいいが、疑似レースとしては自分が有利になる走りをしてもいいと思う。彼はスプリントがあると思ってるし、引かないことがわかればそこから駆け引きが始まると思う。引かなくても怒ったりしない。怒ったふりはするかもしれんがw

49号の下りで温度計を見たら0度だった。シューズカバー2枚重ねしてたから足は平気だったが、手が冷たくてヤバい。路面が濡れて光ってるので滑りそうで怖い。工業団地SPはなんとか先頭通過。諏訪神社SPはプロペルさんが先頭で入るが、CADD10さんがピッタリついていて距離を計ってスプリント。先週のもがきを参考に回しまくってスプリントするが、刺せずに2着。

柳生の高速下でプリンスさんが上げるのでキツくないけどキツかった(キツかった)。柳生は短いローテーションのほうが良い。途中CADD10さんがアタックするよと言ってペースアップ。反応して、プリンスさんと3人でペースを上げて信号まで。新舞子は控えめでペース上がらずに、最後のスプリントはあまりもがかず終了。
f:id:anndorok:20171210221120j:image

 

終わった後に山麓線へ行くことを宣言していたが、ターマックさんとプリンスさんが釣れた。プリンスさんは山麓線初めてとのことだったが、ピークの取り合いをする。軽量だから、登りスプリントは歯が立たない・・・。プリンスさんは用事があるとのことで、しばらく走ってから引き返していった。ターマックさんと楢葉のセブンまでの道中、ターマックに乗せてもらった。軽くて反応のいいバイクだ。キシリウムSRのカッチリ感もいい。自分のバイクはよく言えば安定感があるが、ちょっと重いかな。楢葉のセブンでコーヒーとパンを補給し来た道を戻る。
f:id:anndorok:20171210221136j:image
f:id:anndorok:20171210221143j:image

昼過ぎくらいに四倉セブンに戻ってきたが、お昼ご飯をどうするか。先週も行ったが、草野の翠月園に行くことに。今週は揚げ鳥の特製ソースがけ。床がめっちゃ滑るので、ビンディングシューズは注意!ご飯をお替りして満腹。食べすぎた・・・。

 

日曜日

サタアリは人が集まりそうになかったので、ターマックさん、PAXさんと山麓線経由川内方向へ。またしても集合時間に遅れるという失態。ホントに社会人なのか?申し訳ない。待ってていただいた二人に感謝。

ガッツリ上げるわけではないが、このメンツなので登りでは多少上がる。前日にポジションをいじって、体に合わなかったので四頭筋とケツの付け根が痛くてしょうがなかった。そんなことしなきゃいいと思ったが、これはこれでよさげな雰囲気がある。

天気が良く、風も弱いので最高のコンディション。気温も低くて5度くらい。富岡から川内の登りは、自転車で行くのは初めてだったが、車も少なくて走りやすい。ただ、暗くて長いトンネルがあるからライトは必須。川内のファミマで補給。広いイートインがあって、休憩には最適。おにぎりとパン2つ食べたが物足りなくてもう一つ食べた。うまい。

帰りは小野方向へ行って、ミニストップでその後のルートを決めることに。36号線は道がきれいで車も少ないからTTバイクでの練習にいいかも。遠いから、ファミマまで車出来て練習するのもいいかも。川内からいわきに入ったあたりの橋の過ぎで、今回初の路面凍結。
f:id:anndorok:20171210221207j:image
慎重に通過したが、これ以降は日陰に凍結箇所が増えてくる。下りは慎重に。あっという間にミニストップに着いた。まだ時間はありそうなので、66線で帰ることに。66線はアップダウンがあって、単調にならないのがいい。気のせいか川内より寒いし、日陰の凍結も多い。永井のあたりも、車が少なくて路面がきれいなのでTT練習にいいかも。ここなら自走で来れる範囲。軽井沢のあたりも凍結しているかと思ったが、雨が降っただけだったようで、濡れてはいるが大丈夫だった。
f:id:anndorok:20171210221226j:image
小玉ダムの裏の登りも路面がきれいで車来ない。短いから競り合いにはいいかも。

小玉ダムで解散したころには、日が陰っていて寒い。帰ってプロテイン飲んでシャワー浴びてくたばる。いい週末だった。
f:id:anndorok:20171210221232j:image