2018/04/19 TTバイクお散歩

f:id:anndorok:20180419172051j:plain

チェーンリングを替えたらカオス。

 

デュラ、アルテ、105が混在・・・。やりすぎかと思ったが、アルテは53までしかないから思い切って交換。

 

朝食後に作業始めたら、けっこう簡単にできた。もちろん、推奨はされないと思うが(^^;)

 

 

チェーンリングは9000のほうが薄くて軽い。なので6800クランクにつけると段差ができてしまった。ビビりながらつけてみたが、変速は問題ない。

むしろ前の状態では歯と羽が当たってたことが分かった(^_^;)))お恥ずかしい

これにより変速がかなり快適に。

フロント変速のネガが無くなったので大抵のコースは11-23でクリアできそう。

 

 

とりあえず新舞子へ行ってみるが、習慣で北から走り出してしまい向かい風で40km/hがギリ。辛い。

本番の速度域での練習として追い風方向で走ればよかった。でも55を回し切るとかなり速度出ちゃうから危険・・・?

 

もう少し走ろうと思って四倉から大野周回へ。

通行止めだったところが、車が通れるくらいには空いてたのでこっそり行ってみる。

f:id:anndorok:20180419171956j:plain

 

ええやん・・・。開通したらここで練習したい。

地元の人に「坂はこわかろう~」と言われたので笑いながら返事を返す。(こわい→疲れるの意味)

バリケード(?)で車も通れないところまで行って引き返す。この先が工事中なのか。5月31日まで工事のよう。

 

戻って八茎のほうから広域農道へ出る。

いちばん軽いギアが42-25だけどゆっくりダンシングしながら走るとまったり気持ちいい。

 

このまま帰るのもなんだから水石山で筋トレでもしていくか。

SFR気味で登り始めたが、膝が痛くなりそうな気配を感じたのでやめる。

まったりダンシングしながら赤井岳まで行って引き返そうと思ったら、後ろからターマックさんが!

一言二言かけて、そのまま行ってもらおうかと思ったが、自転車乗りの習性でうっかり着いていってしまう。アカン、このまま行ったらこ〇される。

 

ケイデンスが60とかそれ以下になりながらなんとかついていくが、最後はついていけずに離される。

TTバイクは重いしギア足りないけど、縦方向に硬いから踏み方次第では登りでもよく進む感触がある。リアが硬いってことなのかな?ラソアは見た目どおりダウンチューブ~BB~チェーンステーが硬い感じ。実はオルドゥのほうがラソアよりホイールベースが短い。たぶんヒルクライムはシートステーで快適性を演出しているタイプよりも、リア三角がカッチリしてるほうが進む感触があるのでは?(足があれば・・・。)

 

 

頂上で談笑してから下り始めたが、前荷重なのとブレーキが105なのでけっこう怖い。ブレーキの剛性がどうのっていうのはあるね。アーチがしなる感触がある。ここはデュラとかに替えたい。なぜかガタガタ道でロードほど暴れない。重いからか・・・?

 

下り切ってJJマート(跡地)で一息つこうとしたら、「プシュー」

おいマジか。下ってる最中じゃなくてよかった。

異物は刺さってない。さすがContinental GRAND PRIX 4-SEASON は頑丈だぜ。

バルブ付近かなと思ったら、噛みパンクっぽい?チューブ交換してから3か月以上たってるような気もするが・・・。

f:id:anndorok:20180419181913j:plain

ポンプをお借りしてインフレーターを節約!(せこい)

 

パンクもしたことだし、もう帰ろう。

補給がジェルいっこだけだったので、フラフラになりながら帰宅。

 

 

 

変速や、登りの許容範囲を確認できたのでよかった。

TTバイクで追い込むと、逆に練習量減るから土日はロードで頑張るか?