第3回茂庭っ湖ラインタイムトライアル 年代別優勝

福島県福島市飯坂町で行われた、第3回茂庭っ湖ラインタイムトライアルにて、

年代別優勝しました!!!

 

2位とのタイム差は1秒以下でしたが勝ちは勝ち!

往路は強烈な向かい風で、下っているはずなのに進む感覚がなくて苦しみました。復路の追い風は登ってるはずなのに50km/hくらい出るような状況。

3週連続TTの初戦を優勝できて弾みがつきました。

 

 

以下、レポート。

 

目覚ましはかけてないが5時くらいに目が覚める。緊張していたのかも。

起床時心拍30なので調子はよさそう。

 

今回は茂庭までプロペル君と行って交通費を節約!

迎えに行って6:30くらいに出発。

 

三和から高速に乗ったが、小野の手前くらいで追い越ししようかな~と思っていたところを右側から覆面パトカーが飛んで行った。よみがえる悪夢。もう少しで追い越しかけるところだった・・・。

それ以降はビビッてゆっくり会場に向かう。

 

会場に到着すると、暴風ではないがソコソコの西風が吹いている。たしか行が下りで帰りが登りだったと思うから、登りが追い風なのはやや不利(対スピードコンセプトさん)かなとも思った。

 

一旦荷下ろしをして、下の駐車場に車を止めてから自走で会場に戻る。会場に行くまでの登りがけっこうキツイ。ローラーでアップしなくてもよいのでは?

バトンとディスクに履き替えて試走へ。う~ん、風が強い。300Wで36km/hくらいしか出ない。

折り返しからの追い風が強烈でかなりスピードに乗る。復路の感触がどんなもんかと思って試しに本気で踏んでみる。おお、速い速い。少し登ってるはずなのにむしろ速い。

途中から踏み始めたにしても11kmが短く感じる。最近新舞子で10kmくらいを走ってるのが良い練習になってる。

試走しているとコース上に山から猿の群れが降りてきていて危ない。でもレース中はいなかったかな。

 

 

f:id:anndorok:20180428214540j:plain

photo by 菅野君

 

試走から戻ってきたら、ゼッケンつけたりマッサージしたりヴェロトーゼ履いたりで意外と時間無い。トイレ行きたい・・・。あと10分くらいで開会式というところだったけど、バイクもってトイレ行って最後の軽量化。

開会式を後ろで聞いてたらスピードコンセプトさんがいたのでお話しをして、お互いの健闘を祈る。

 

開会式が終わるとTTバイクの部はすぐに始まるので、水を飲みながら整列し待つ。走ってると口が乾くけど、15分程度ならボトルもいらないのでケージも外しておいた。

 

自分の一つ前が優勝候補のTM02さんだったのは運がよかった。30秒差スタートなので見えてるほうがやる気が出る。

 

計測地点は、スタート位置から100m先なのでクリートキャッチを気にしなくていいからやりやすい。

自分の番が来てスタート。落ち着いてクリートキャッチして踏み込んでいく。去年はLapを押し忘れたが、今回はきっちり押して計測開始。

f:id:anndorok:20180428210823j:plain

photo by 紺頼さん

 

アドレナリンが足りないのか、思ったほどは踏みすぎてない。まあまあ抑えられてるのかな。

やはり行きはむかい風が強くてスピードが乗らない。チラッと平均速度を見たら、36km/hくらいで見るだけで精神に悪影響なので、速度が視界に入らいないようにパワーだけ見るという高等な視野テクニックを発揮する(できない)。

向かい風の中ケイデンスが落ちすぎて筋肉の負荷が辛い。ギアを落として回転を上げようとするが、そうすると速度が乗らない気がして難しい。

前を走るTM02さんとのタイム差を目視するが、開いても離れてもいなさそう。前走者を1人パスして、折り返しが近づく。ここでTM02さんとのタイム差を計ってみたが5秒くらい勝ってそう。しかし、スタートから計測の速度のノリがよかった分、計測前にタイムを縮めていた可能性が微レ存。

自分も折り返しに差し掛かるが、へたくそすぎてかなり減速、大回りしてしまう・・・。まあ、リスク回避だから・・・。

 

よし、ここから追い風だと、スピードを乗せてF8さんをパス。遠くにTM02さんが見えるが、追い風でスピードが出てるからかすごく遠くに見える。分かりやすい目標物がないからタイム差を計りにくいが、ここでも5秒くらい勝ってそうに思えた。

 

追い風でスピードが乗るから残り時間が短い。ここからは出し切るためにもっと上げたい。・・・キツくてなかなか上がらない。出し切れ、出し切れ。あと少し。トンネル過ぎたら下って、もうゴールは目の前。DHバー持ったまま、足を回してゴール。

 

キツイ、呼吸が苦しい。足が痛い、軽い負荷で回しながらまっすぐ走って行ってダウン。そのまま坂をダウンしていきそうになったがUターンして会場に戻る。

 

ロードバイクの部で出走するアディクト君とプロペル君がスタートを待っていたので、がんばれ~と声をかける。二人のスタートを見送ってアンカーさんにも声をかける。

 

軽く回しながら会場をうろうろしてたら、走り終わったスピードコンセプトさんが来たのでタイムやレースの話などをして楽しい時間を過ごす。

そのうちアディクト君とプロペル君も戻ってきたので、死んでる二人とダウンしたり水分補給したりして結果の発表を待つ。

バイクを置いてこないとチップ返却とアンケート回答ができませんという謎仕様だったが、無事にチップを返却するとリザルトが張り出される、イスに。

f:id:anndorok:20180428214059j:plain

ということで優勝!!

 

二位とのタイム差少なすぎぃ!

てか、5秒くらいつけていたはずでは・・・(笑)

目視はあてにならんな!相手が最後上げたのか自分が落ちたのかもしれんが。

 

f:id:anndorok:20180428214424j:plain

photo by 紺頼さん

 

それからは芋煮を食べて、ピザを食べて、カレーパンを食べてけっこうおなかいっぱい。

荷物が多すぎて片づけがめんどう。近くまで荷積みの車を持ってこれるからいいけど。

 

参加賞として、近くにある茂庭の湯の入浴券があるので三人でお風呂へ。シャンプーや石鹸は無いが、熱くて疲れが流れていく。

お風呂から上がってアイスを食べようと思ったが、まだいいかと思って回避。

ここでアディクト君と別れて帰路につく。

 

 

帰り道もいろいろなことをしゃべりながらだったけど、全開走のダメージも相まってのどが痛い。

1週間空けばダメージは抜けるだろうけど、明日はどうしようか。せっかくのGWだけどダイエットライドかな、食べすぎたし・・・。