2018/06/19 火 有休200km

疲れはてた(^_^;)))

 

 

有休とった日が雨予報じゃなくてよかった。

かつらお前だけどガッツリ走り込みたい。

 

日曜日にサタアリでアルター44を使ってみたが、どうにも硬くてつらい。

レーゼロでも同じように感じたことがあるけど、硬いホイールは踏み初めにタメがないから足への跳ね返りが強い。

12~1時くらいでは体重が乗せ難いぶん筋力をつかって、2時以降は比較的体重が乗るので力を使わずにペダルを回せる。

さすがに5~6時までベクトルが下を向いてたらロスが大きいと思うけど、それよりも12~1時で足にダメージを受けるのを避けたい。

 

では、どのようにしてダメージを避けるか。

サドルを前に出して高くしたら、踏みだす位置が(正面から時計を見ると)右上にずれると思う。前で右、高くして上。

しかし、ポジションが大きく変わるし、足が短いので高くするのは難しい・・・。

クランクを短くするのもアリな気がするけど、パワメついてるから変えたくない。

 

 

そ こ で 楕 円 で す よ

 


f:id:anndorok:20180620203732j:image

ここしばらくは真円だが、以前リデアを使っていた時期もある。

リデアは2~4時で歯数が大きくなるが、上死点死点で軽くなる。

踏みたくない位置で軽くなるのは都合がいい。まあ、インナーは位相が違うけど。

 

思い立ったら即行動。

日曜日練習終わったらすぐに取り付ける。右パイ着いてるからコードの断線には注意。

FDの調整をしてみたが、けっこうスムーズ。

トルクかかってる状態で変速したら危ないけど、それは真円も同じ。まあ、楕円のほう気を遣うけど。

 

 

火曜日

有休とったのでなるべく長く走りたいけど、機材と足の様子を見ながらかなと思っていた。

通勤時間帯をさけたら、出発は9時くらいになってしまった。もっと早く出ればよかった。

 

走り出してみたら、楕円による違和感はさほどない。ちょっと内ももを使いすぎる感じがして嫌な予感。

しかし、体があったまってきたら問題なく動くようになった。

むしろ緩斜面がすごく気持ちいい。痛み無く350Wくらいが出る。

ちょっと前乗り気味かなと思ってサドルを後退してみたが、これはぜんぜん力がかからなくなった。500mもしないで元に戻す。

 

これはかなりいいぞ。

ホイールの印象まで変わるくらい扱いやすくなった。

巡航では嫌な硬さを感じないし、硬さで登りを苦に感じることもない。

実は、日曜日に真円で走ったときに楕円が合うのではないかと思っていたが、ドンピシャだった。

 

私個人の感想ですが(そもそもすべてそうだが)、柔らかいホイール、柔らかいフレームと楕円の相性が悪いと思っていた。

理屈どうこうというより、柔らかいフレームとちょっと硬いフレームで使ってみてそう感じたということですが。

しなるしならないというフィーリングが、人と機材の相性や、好みなのかなと思っています。人によってホイールの評価(感じ方)が違うのは、フレーム、踏み方、脚質、脚力が違いすぎるからで、だいたいの方向性しか読み取れないなと。

 

 

はっきり言って楕円はおすすめじゃないです。

自分が間抜けだからレースでチェーン落ちしたというのもありますが、個人の環境(脚力脚質フレームホイールスプリントか逃げか登りか)が違う以上、迂闊に導入できない機材だと思っています。

 

 

まあそんなこんなで火曜日は、新舞子~小川~小野~古殿~鮫川村~田人~小名浜~四倉~石森山と距離を稼いできました。

鮫川村のカフェ「手・まめ・館」はちょうどいい距離にあるので、ライドの目的地にするには良いと思います。

f:id:anndorok:20180619190102j:image
f:id:anndorok:20180619190115j:image
f:id:anndorok:20180619190120j:image
f:id:anndorok:20180619190143j:image
f:id:anndorok:20180619190158j:image




 

だんだん距離走るのが楽しくなってきた。

チューブレスのおかげかな?

 

チューブレスはいいぞ