あぶくま洞ヒルクライム2018 に自走で

あぶくま洞ヒルクライムに参加してきました。

 

初開催となったこのレースは2ステージ制の変速ルール。

1stステージが3kmの登りタイムトライアル。

2ndステージは1stのタイム差で時差スタート。距離は7kmですが、前半3kmほどが平坦のため、登坂力だけではなくいかに頭を使うのかが重要。

 

結果は年代別4位でした。

1stステージはカーボネックスさんから10秒遅れの2位でしたが、2ndステージで大ブレーキがかかり、時空チャンプとKEMOさんに抜かれて4位でした。

悔しいレースをしてしまった。先週の鳥海とは別人のように踏めなかったけど、フィジカル的な問題ではなく戦略戦術の問題かなぁ。

 

チャンピオンクラスと年代別とコスプレが混走することによる難しさはあるけど、その辺も考えて走れば面白いゲームになるルールだと思いました。

 

とりあえずカーボネックスさんが強い・・・。

 

 

 

以下、レポート。

 

毎週毎週レースのたびに疲労抜きをしてたら練習ボリュームが下がるので、トレーニングのつもりで自走しました。

FBで宣言すればイザルコさんは釣れるだろうなと思ったら見事にヒット!!

 

なにをトチ狂ったか、いわき駅4:00集合ということになったので、目覚ましは3:00にセット。

アラームで起きたけど、外は真っ暗で肌寒い。

イザルコさん起きてるか確認するためにLINEしてみたら大丈夫だった。むしろ自分のほうが布団から出れずにぐだぐだする。

3:40に出発すれば余裕だろ~と思ったら、すでに3:50だった・・・。おかしい、時空が歪んでるに違いない。

 

f:id:anndorok:20180805193012j:image

真っ暗過ぎる。

 

割と本気で踏み踏みして4:00ちょうどにいわき駅到着。

ふぅ~間に合った←

 

寒いくらい涼しくてかなり走りやすい。こんなに早く起きて朝練しようとは思わないけど。

 

 

 

二人でトロッフェバラッキすれば、小川~夏井のKOMをとれると思ってガチで挑んでみた。

ストラバ上では25km1.6%の緩い登り基調で、目標は47分くらい。

先頭に出た時300W前後で1~2分交代かな?

 

速度と平均速度をチェックしながら走ったけど、スピードセンサー を巻くのを忘れたのでGPS計測だったので精度が不安・・・。そんなにずれはなかったけど、木の影に入ると5km/hとか表示されるからこれ大丈夫かよと思った。

 

走り始めから意外とスピードに乗らず、目標の32km/hになかなか届かない。登り基調の威力はこれほどか・・・。

中盤から平坦が増えてきて徐々に平均速度が上がってきたけど、後半の登りが意外とキツくてスピードがの乗らず無理っぽい。

 

結果、KOMには届かず。

二人で、しかも40mmと44mmのカーボンチューブレス組が、単独走の時空チャンプに敗れる!!

こうなったら追い風の時にアタックしてやるぅ!

 

 

 

 

そんなことやってるから、小野のミニストップにありえん早く到着。早すぎてソフトクリーム売ってないレベル。ハロハロ食べに行こうぜ!っていうのが目的のライドでもあったので帰りに寄ろう。 

 

f:id:anndorok:20180805193125j:image 

ミニストップでまったり休憩していたら、なにやらクライマー系自転車乗りが。

時空チャンプだった。そういえば会うのは久しぶりだけどめっちゃ細くなってない!?ヤバい奴やん・・・。

そこからしばらくチューブレスはいいぞとかストライクとIRCはだめとか話していたらいい感じの時間になったので会場へ向かう。

 

再度セブンで補給してあぶくま洞まで登る。普通にキツイ。

駐車場で時空チャンプを見つけて車に荷物を放り込む。ありがたや~。

 

受付してから、1stステージのコースだけ試走してみる。

メイン会場からゆっくりスタートして、参加者駐車場の少し先から計測開始のよう。GPS計測では3kmは無かった。

始めの斜度がややきついが、そこを過ぎたらかなり緩んで、最後の手前がちょっとだけキツくなる。前半飛ばしすぎずに中盤以降でタイムを稼ぐ作戦。

 

 

スタートを待つ間、木陰にいるとかなり涼しい。スタート地点で海抜641mらしい。
f:id:anndorok:20180806230752j:image

県内ローカル大会なので知り合い多数。

レースにおいても要注意はカーボネックスさんと時空チャンプの県内勢。現時点での登坂力はこの二人のほうが上だと思うけど何とかくらいつきたい。

 

 

 

出走はチャンピオンクラスが8:30からで、自分は9:00くらいにスタート。

スタート位置から計測開始地点は離れているので、落ち着いてクリートキャッチ。計測ラインのちょっと手前にきつめの段差があるので抜重してクリア、計測開始。

 

スタート直後、一つ前の選手がすぐ手前にいるけど、自分が380Wでも徐々に離れていくので明らかに飛ばしすぎだろうと思い、落ち着いて自分のペースに戻す。

キツイ区間で飛ばしすぎないように注意してたらすぐに斜度が緩んできた。

緩いとはいえアウターだとギリギリ回転重視では行けず踏みが強くなる。

それでもオーバーヒートしないよう冷静に走る。

 

2つ前のKEMOさんが見えたので走る。徐々に詰まって来て、ゴール手前くらいで抜けそうかな~と思ったが、自分もけっこうキツくなってきた。ゴール手前50mで並んだけど、計測ライン手前で相手がペースアップして先着されるw

 

それなりに出し切って、なかなか辛い。しばらく足回してたら鵜沼さんにタイムを教えていただいた。チャンピオンクラスの1位がヤバい。スーパースペシャルクライマーやん。

そしてカーボネックスさんに10秒負けて、時空チャンプに1秒勝っていた。カーボネックスさんヤバすぎ。

 

ゴール地点は日陰もあるし涼しい。割とすぐ2ndステージのスタート地点への下山が始まったが、ここで待ってたほうがよかったと思うくらい下は暑い。あと日陰ないしトイレ足りてないしあついしぬ。

 

2ndステージはタイム差スタートなので、点呼と整列が大変。あそこの砂利に運動会のテントを並べて張ったらよいとおもふ。

 

 

カーボネックスさんとは10秒差だけど、その辺に別カテゴリーが固まっているのでなるべく早く追いつきたい。そのうえでツキイチして最後にスプリントする作戦!

当然、ばれてる。

 

1位から続々スタート。10秒が果てしなく遠く感じる。

自分がスタートしたが、一つ前の人も数秒離れていて、その前は一列棒状になってる。

最初のコブで前の集団が一塊になってしまい、ヤバイと思ったがまったく差が詰まらない。

後ろから1秒差でスタートしてくるはずの時空チャンプがなかなか来ない。振り返ったらめちゃんこ差がついてる・・・。なんでや!

あとで聞いたらスタート呼び出しでトラブってたらしい。

 

ここでもう少し頭をつかえれば、後ろからくる時空チャンプを待ってローテして追いかけることも出来たけど、前も後ろも差が開きすぎて宙ぶらりんの状態。時空チャンプも単独走になっていて、ここがかなり勝負の分かれ目になった。

 

自分は全開で前を追いかけてしまったのでかなりキツイ。

 

後ろを待つ勇気がなかった。

 

登り口前まではけっこう縮まったと思ったが、登りがまったく踏めなくなってる。飛ばしすぎた。こいつホントにパワーメーターついてんのかよってくらい飛ばしすぎた。

 

前のほう見ても明らかにカーボネックスさんが積極的に行っていてどんどん差が開く。

登り始めてしばらくしたら時空チャンプに追いつかれ、「もう無理だから行ってくれ~」って言って先に行ってもらい、後ろにもつけなかった。

そこから割とすぐKEMOさんに追い越されて、後ろから二人の様子を見ていたが、きつすぎてドンドン離されてすぐに見えなくなった・・・。

 

明らかに登りが踏めてない。先週の鳥海とは別人のよう。踏めないし回せなくて、250W出すのも辛い・・・。

 

後ろを見た範囲では全く人影がなかったので、辛いながらも耐えながらゴールを目指す。

最後のヘアピンで下を見たら白いジャージが来てる。

 

やべぇ、イザルコさんだ・・・。けっこう近い。

 

残り距離を計った感じではギリギリ逃げ切れそうだけど、イザルコさんの迫り方が半端ない。ヤバイヤバイヤバイ!

 

こっちもギリギリだけど振り絞って回す。踏めない~!

 

かなり迫られたが、自転車1台分くらいは逃げ切ったか?

キツイ、キツイ~。

 

 

ゴール後は座り込んでしまった。踏めな過ぎてヤバかった。

水石山練習だったらバイク下りて引き返してるレベル。

 

暑さにやられたとか脱水だったとか自走が響いたとかでは無く、序盤の平坦の走り方で全てが決まってしまった。

実際に時空チャンプは単独走でも粘って2位になってるし、自分の走り方に問題があったと思う。

 

まぁ~、カーボネックスさんにツキイチしても力づくで引き離された気がするけどな!!

 

ゴール地点ではかき氷が振る舞われ、フラフラになりながらもレモン味をいただく。うまい。・・・頭痛い。

ここは涼しいので動きたくないけど、下山すればコロッケが待っているらしい。下るかぁ~。

 

 

 

カーボンチューブレスなのでビビりながら下ったけど、案外大丈夫だな。

時空チャンプの車に預けた荷物を回収してメイン会場へ。

計測チップを返して、冷たい胡麻ダレうどんとコロッケをもらう。うまいぞおおぉ!!

 

ラムネ(150円)がスルスルと入っていく、平成最後の夏。

 

 

 

 

日陰で表彰を待っていたがボチボチ始まる。

狙っていたわけじゃないけど、チーム名が良い感じにコールされるw

なんか、エントリーの時にいつものチーム名が入らなくて、文字数制限とか半角英数ダメとかで適当に。またやろうかなw

 

1~3位までは賞品があったので、自走なら持ち帰れないとこだった。いや~あぶなかった~(棒読み)

表彰終わって写真撮影になったが、入賞者6人が向かって左側順に並んだので、4位の自分は良い感じに真ん中だったので両手を上げておいたwww
f:id:anndorok:20180806231612j:image

ホントに優勝したカーボネックスさんごめんね(。ゝ(ェ)・)-☆

 

 

バートさんの表彰を見届けたら自走だしもう帰るか~の前に、鵜沼さんに挨拶していこうと思ったが忙しそうだし時間無いのでもう帰る。

イザルコさんと時空チャンプと三人で小野町のすずき屋食堂へ。城の向かいのところね。

ほどほどな冷房の中、汗だくになってカツ丼を食べる。うまい。
f:id:anndorok:20180806231633j:image

 

さらにミニストップでハロハロ宇治抹茶あずき、うまい。
f:id:anndorok:20180806231640j:image

ここから出られなくなる可能性を感じながらも、しばらく三人でだべる。

 

意を決して外に出たが、なぜかサイコンの電池が切れてる・・・。

マジかよ!!

確かに今日は3:50に出てきてつけっぱなしだから10時間近いけど・・・。

そういえば昨日サタアリ練の後充電してなかった。

TSSが分からないと精神衛生上良くないけど、イザルコさんのTSSを参考に推定するか。

 

帰りはゆっくり行こうね、とのことだったが体感的には普通に速い。確かに下り基調だけど、何のデータもない自分はされるがまま。

 

途中にあまりの暑さで川にダイブ!!つめた~い!
f:id:anndorok:20180806231441j:image
f:id:anndorok:20180806231545j:image

 

走り出してからも気持ちい。

 

 

川前過ぎたあたりから明らかに空気が変わった。蒸し暑い熱風が吹いてくる。

いわきヤバイ。ていうか小野は涼しいんだな。多少は標高あるし。

夏は川内とか山の上でトレーニングしたら快適なのでは?行くのがつらいけど。

 

やっと小川にいついたけど、何となくここからが遠く感じる。暑い。

跨線橋わたって、デイリーだったところでイザルコさんと別れる。

レース自走という愚行にお付き合いいただきありがとうございました。

 

家についたら16:05くらいなので12時間くらいお外で遊んだのに、推定距離144km、推定TSS285は効率悪くないかw?

レース自走の是非が問われる。

 

vivo smart HRによると運動消費カロリーは4272kcalらしい。

これ見たら何か食べたくなってきた。肉食べたい、肉。

イオンモール小名浜へ行って初めてのいきなりステーキ!!肉うめぇ!!


f:id:anndorok:20180806231838j:image

 

 

 

これだけ走ってたくさん汗かいたのに体重が増えているだと・・・!?