2018/08/09 木 石森山

せっかくの有休なのに台風直撃・・・。

 

家にいてもつまらないのでドライブに行く。(あぶねーから出歩くなよ!)

 

とりあえず「ひゃくにんパン」のカレーパンがうまい。

これとセブンのコーヒーが旅のお供。

 

 

帰ってきたらいわきはもう雨ふってないじゃん、のれる。

急いで準備して石森山へ。

 

最近ポジションがおかしくなっていて、ローラー、平坦、登りどれもしっくりこない。

たいして軽くはないけど、微妙に登れて微かにパンチ力があるスタイルなので、何気に登りは生命線。

平坦はまあ、おもたいぎあをいっぱいまわせばいいから。

 

足が短すぎてシートポストに印字されてるスケールが全部フレームの中に入ってしまってる・・・。

位置を変えた時、ずれた時に戻すための目安をつけるためにとりあえず家にあったステッカーを張ってみた。
f:id:anndorok:20180810070733j:image

あとサドルの前後位置を計るために幅1cmのビニールテープでマーキング。どういう根拠でマーキングしたのかというとアレなんだけど・・・。
f:id:anndorok:20180810070824j:image

 

 

 

何本か走りながら変えてみようと思ったが、まずは1本を全開で。

 

 

 

入りからいい感じに踏めてる。感覚と数値が合わない。体重は軽くないはずだけど、エネルギーは満ちていてタイムが出るときの感触。

ただ、大腿の膝よりの疲労感が強い。この感じでは長くもたせる走りではないが、それなりに高い数値が出ているからパワーなりの疲労感なのか。

自分がKOMを持っているけど、タイムを更新できるのではないかと思い最後まで振り絞ったが、344W 6:23で届かず。

というかKOMけっこう速かった・・・。あの時の自分やばい。まあ今日はアルター44だからやや重だけど。

 

下ってからサドルの前後変更。マーキングから1cm後退。

1cmも動かすなんてやりすぎかもだけど、とりあえずこっちに動かしたときの傾向の確認。

さっきほど全開では行かず、だいたい300Wくらいで走る。

後退すれば大腿の膝よりの疲労感が解消するのではないかと想像していたが、さほど変わらず。むしろ下げたことでペダルを押す感じになってしまってイマイチだ。とりあえずサドル高は変えず、前後による影響を計りたい。

 

次はマーキングから1cm前進。さっきと比べるとかなり前に座ってる感じがする。

こっちもどうにも四頭筋で踏んでる感じが強すぎる。登りでもきれいに回したいけどうまくいかない。

 

前後位置変わったらBBからの高さも変わるはずだけど、1cm動かしたらたぶん2mmくらいのはずだからとりあえずいじらなかった。

 

 

 

結局前後はマーキングのところに戻して見たが、右膝の動きが気になる。

 

自分はけっこう身体が歪んでいて、仕事で斜め前のPCを使う姿勢を続けた影響もあるかなと思ってる。

スキーでは右ターンなら84点だと勝手に思ってるけど、左ターンが75点だからトータル78点くらいの滑りにしかならないから県予選の決勝も出られないレベル。決勝出てもコブ滑れないから無理だけど。

 

死点で右膝が外に開いてしまうのは以前から知っていた。

スキーのコーチに後ろから見てもらったときに指摘を受けて、右だけシムを入れるようにアドバイスされた。

これを入れたら膝の動きはかなり変わったけど、ポジションいじりまくり人間なので徐々におかしくなっていった・・・。

 

膝が開くのはなんでかな~と思って観察し、意識して膝をまっすぐ動かして(引き上げて)見たら、股関節の可動域に軽めの黄色信号みたいな感触になった。まっすぐ動かすのをやめると股関節の違和感はないけど、この動きは何とかしたい。

膝がまっすぐ上がったときに股関節がスムーズに動ける余裕を作るために、サドルをちょっとだけ上げてみる。

たぶんこの悩みは短足ライダー特有で、クランク長なんかもかかわってくるはず。

思った通り、サドルを上げると膝がまっすぐ上がり、踏み初めもスムーズになった。

しかし、走った後にハムストリングに張りを感じたので、慣れは必要かなと思った。

 

 

 

そんな感じで石森山を7分ちょっとで4本しばいたので、もう足がいっぱい。

1本目のアタックとかせずに、5本300Wくらいでやったらいい感じかなと思ふ。