VENN ALTER44を2ヶ月使ってみて

6月に買ってから2ヶ月間練習とレースで使用してみました。

 

 

買って開封するときの様子はコチラ

買った翌日の練習日記はコチラ

 

 

以前使っていた50mmのチューブラーは譲ってしまったので、他はローハイトアルミTLと35mmチューブラー。

他の二つと比べればかかりが良いので平坦系のレースはコレ。TTは除く。

 

練習とレースで2ヶ月使った感想です。

 

 

 

 カーボンクリンチャーは便利!

カーボンクリンチャーというか自分はチューブレスだけど。

やはりレース前にブレーキシューの交換は面倒。特に自分のロードはBB下ブレーキなのでなおさら。

 

TTバイクはカーボンシューつけっぱなし。

自分は比較的TTバイクでの練習をするので、チューブラーで行くのはちょっと怖い。新舞子けっこうガタガタだし、コルサスピードがパンクしたら悲しいし。

TTはなるべく高い速度域で練習したいけどバトンとディスクを使うわけにはいかないよなぁ。

つまり、常用できるチューブレスのバトンとディスクがあったらひっくり返る程度のメリットかな。

 

 

購入前の想定よりもワイド

購入前にネットで見ていた情報ではREV35がC19でALTERがC17となっていて、25cを使うならALTERかなと思ってた。

今見たらPBKには内幅は書いてなかった。

f:id:anndorok:20180820210516p:plain

~追記~

f:id:anndorok:20180821063650j:image

VEENのサイトでは17.25となってるけどあきらかに自分のと違うんだが・・・

f:id:anndorok:20180821063859j:image

デカールが違う?別物?

もしかして自分の計りかた間違ってるのか?

 

~追記終わり~

 

 

自分のロードフレームは28cは干渉してしまうと思うのでALTER44にした。

 

 

しかし、届いたものを実際に計ったらほぼC19だった。

f:id:anndorok:20180616165100j:plain

どう見てもC17ではない・・・。

 

これは想定外。

C19の最少タイヤ幅は1.4をかけた26.6になるのでは?

フォーミュラプロRBCCの25cを使うことを考えていたのでこの内幅は困る・・・。

 

とりあえずつけたイクシオンUST25cが実測27c以上あったので、まあいいか~となって使ってる。でも、アルミTLRで使ってるRBCC25cよりも転がらない印象。

イクシオンのほうがグリップするけど、柔らかい分だけ落ちてるものをかんで傷つきやすい気もする。

乗り心地良くてサイズ感もあってるから今後も使用するか迷う。

 

まだ試してないけど、IRCの28cがフレームに干渉するようならイクシオンUSTにしよう。めっちゃはめやすいし。

 

REV35は本当にC19なんだろうか・・・。

 

 

 

チューブレスはいいぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューブレスはいいぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり少し重い

キッチン用の計りだけど、ほぼPBKのサイト通り1,510gだった。

だいたいレーシングゼロC17くらい?

まあ44mmのカーボンチューブレスならこんなもんでしょ。逆に軽すぎても怖いわ。

登りが重要なレースならほかのホイールを使うかな。鳥海山HCはアルミTLRだったし、ツールドかつらお31km×2は35mmTUだった。

 

アルミTLRはたぶん1,400gくらいだと思うので、ALTER44を使い始めた時は登りの重さを感じてしまった。これはタイヤの印象もあるかもしれないが。

 

このホイールのカタログ重量で軽さを期待する人はいないと思うけど、修善寺なんかは厳しいかな?

とはいえそれほど立ち上がりが重い印象もないので、クリテでも問題ないのではないかと。

ポタリングメイン?ばっちりあってますよ!

 

 

 

ブレーキの効きはふつう

普通にきく。

買った時についてきたブレーキシューがPBKに売ってない・・・。

音鳴りしないし、発熱も控えめな気がする。

普段はBBBのカーボンシューを使ってて何も不満無かったけど、このシューがほしい。売ってたら大量に買うレベル。

 

あ、VENNのシューなくしちゃったのよ~。なぜか!

 

 

 

横風は普通にあおられる

横風に強いです!っては謳ってないかもしれないけど、頂点が丸みを帯びたワイドリムだからもしや!

と思ったけど普通にあおられる。

さすがにアルミローハイトよりは巡行いいと思うけど、飛びぬけて良いというほどではない。

 

エアロより、重量と硬さのバランスが大事だと思うの。

レーシングゼロは確か1,450gくらいだったと思うけど、めっちゃ硬くてよく走るホイールだった。でも硬すぎて足にきた。

逆にメカニコのKー35は1,100gで軽さは良いんだけど、全力でもがくとたわむ・・・。HCではこの柔らかさがいいという場合もあると思うけど。

 

 

 

 

 

もしかしてぬるい

K-35じゃなくてALTER44ね。

使い始めはアルミローハイトとの比較だったから硬く感じていた。

しばらく使って慣れてきたからなのか、もがくとたわみを感じる。

フレームかもしれないし、ハンドルかもしれないけど、雑にもがいたときに特にそう感じる。

 

というかブレーキシューつめてるとシュータッチする。

ふつうに1,000Wくらいでもシュータッチする。

 

アカン、購買意欲をそいでしまった。

まあ、リアがダイレクトマウントだから微調整できなくてきつめになってるというのはあるけどね。リム幅26mmと23mmを併用してると大変。

 

 

 

やっぱり6万円は安い!

重いとかチュータッチするとか言っちゃったけど、やっぱり6万円は安いぞ!

(追記。最近は6万円台はなかなかない・・・)

 

カーボンで、

チューブレスレディで、

44mmハイト

と考えるとかなりお得。

 

デメリットは海外通販ゆえにショップでメンテしてもらえない可能性が

あることかなwww

ベアリングは汎用品らしいけど、自分では交換できる気がしないw

あとPrimeとと違って補修用のスポークはついてこなかった。飛んだら終わりか。

海外通販は破壊的な安さだけど、技術無し、付き合い無しだと高くつくかも?

 

こーいうの自分は、あとから考えるか~って感じで勢いでポチッた。

この値段だと壊れても精神的ダメージが少ないけど、そもそも壊れるまでホイールを使い込んだことがほとんどない。グレーチングでリム曲げたキシリウムくらいか。

 

 

 

 

 

練習からレースまで使えて、現時点で自分は満足しています。

でも、お金持ちはコスカボUSTを買ったほうが良いです。(血の涙)

 

 

 

 

コチラもどうぞ

yu1.hatenadiary.jp