第7回湯ノ岳シュークリーム記録会

シュークリーム杯は、地元湯ノ岳で行われるローカルな記録会・・・のはずですが、年々メンツがエグくなってタイムがインフレしてきてる。


f:id:anndorok:20190322202206j:image
f:id:anndorok:20190322202222j:image

2年前に自分が22分10秒くらいで1位だったのは遥か遠い過去の話。

今は21分台でも3位以内にも入れない可能性があるほどw

 

去年は開催が無かったけど、これを楽しみにしていた地元民は結構いるはず。

本格的なシーズン突入前の力試しにはもってこいの記録会。

 

自分はLinkTOHOKUとしての参加なので順位には入らないけど、タイムは自己ベストを狙っていきたい。

 

 

数日前から週間予報とにらめっこして雨が降らないよう願っていたが、当日は雨。

雨雲レーダー見てると、走り終わったら止みそうな予報www

まあ、雨でもレースはあるわけで、それの想定をした練習にもなるし。

 

10:00に頂上P集合なので、アップと雑談(こっちがメインw)を考えれば9時くらいには到着しておきたい。

朝食はいつもの平日と同じ時間、同じもの。出勤するリズムと違うからだらけすぎた。

アレーで走ろうかと思っていたけど、BBにうぉーたーしーす的なスリーブがついてなくてクランクシャフトがフレーム内に露出しているから、浸水したらめんどくさそうなのでラソアで走ることに。

 

 

さーて出発するか~。

と思ったらすでに8:50

雑談の時間は無くなったし、アップの時間もヤベぇ・・・。

近すぎて油断してる。

 

駐車場に到着したら雲の中。

雨は降ってるけどそこまで強くない。

挨拶もそこそこに、三本取り出してアップ。

回し始めてみると、股関節周りが固い。これを動かせる状態に持っていけるようにするのがアップ。

心拍計はつけてないけど、関節と筋肉の声を聴きながら体を温める。

ふむふむ、いい感じに使える状態になってきた。

 

それと、いつもTT前に使ってるオイルを擦り込む。

相変わらずやべーなコイツ。めっちゃ脚軽くなるぞ。

なんかやばい物質とか入ってないだろうな・・・?何年か前のつくば9耐にアスリチューンも出してるブースで扱ってたし、大丈夫かな?

 

 

一応カメラを持ってきてあった。

GANさんが応援に来ていたので急遽カメラをお願いしたw

突然のお願いでスミマセン(笑)

カメラがあると分かっていればテンションも上がる!

https://drive.google.com/open?id=1Yl1PHx27Uj530-R54U8xMpy6PqcCnh8w

(削除を希望される方はお手数ですがご連絡下さい。フェイスブックでもツイッターでもインスタグラムでもコメントでもお葉書でも承ります。そのうち消えます。)


f:id:anndorok:20190322202309j:image

注意事項の説明があり、リンクの選手が先導で下山。先導二人でかぶってしまったので、途中で下がって真ん中くらいで下る。

路面は濡れてるけど、とくにトラブルなく下山。

 

と思ったらPAXさんがパンク・・・。おいマジか。

本人はテンションだだ下がりだけど、チューブを持ってる人がいたので急いで交換。

4000SⅡ硬い・・・。ちょっとおせっかいだったかな?

 

続々とスタートしていく。

最後まで残ってたのはPAXさんと、CAAD12さんと、カーボネックスさんと、自分。

そろそろ走り出さないと時間がヤバいw

 

パンク修理してたら結構体が冷えてきた。

震えながらスタート。

 

 

湯ノ岳の最初は、テンション上がって踏みすぎちゃうのでパワー見ながら自重。

しかし、カーボネックスさんぐ~っと上げていく。

 

つ、つよい・・・。

 

カーボネックスさんは、PAXさんと走りたくて残ってたと思うけど、自分としては強い人と走れるのでとても楽しい。

 

自分も380Wくらい出してるのにぐんぐん離れていく。

これはやべーな。

でもこの速度は普通じゃない。ずっとこのままではないはず(と信じたいw)。

集中してカーボネックスさんを追いかけてたら、PAXさんとCAAD12さんの霊圧が消えた・・・。

 

Ave340Wで5分くらいを経過したあたりで差が広がらなくなってきた。

前のカーボネックスさんもちょっとキツそうに上半身でリズムをとってる。あとペダリング

時々振り返ってるので、プレッシャーをかけながらじわじわと追いかける。

 

追いかけてる効果なのか、集中できてるからなのかそれほどキツさを感じない。

ホテル前のタイムが明らかに自己ベスト更新ペース。

辛いはずだけど楽しい。

 

 

5秒差くらいの状況が続いていたが、15分地点くらいでやっと横に並んだ。ちょっとはドラフティング効いてたかもw

 

しかし、前に出れない・・・。

カーボネックスさんも意地を出してるし、フェアに走ってる。そこにリスペクトがあります。まさに。

自分も現状のギリギリに近い走りができてる。たのしい。

 

緩い下りに入る前、ちょっと斜度上がったところでクッと踏まれてやや先行される。キツイ。

下りに入る前に引き離すつもりかな。そこは意地でもついていく。レースというよりは記録会なので、なるべく真後ろに入らないように。

 

のこり800mくらい?の林が途切れたところでGANさんがカメラを構えてる!

テンションあがる!!
f:id:anndorok:20190322202337j:image
f:id:anndorok:20190322202358j:image
f:id:anndorok:20190322202410j:image
f:id:anndorok:20190322202425j:image
f:id:anndorok:20190322202436j:image
f:id:anndorok:20190322202449j:image
f:id:anndorok:20190322202457j:image
f:id:anndorok:20190322202532j:image

しっかりカメラにアピールして通り過ぎる。

 

残り距離は少ない。

カーボネックスさんがダンシングでペース上げる

自分は辛くて立ち上がれず、シッティングで踏み回して食らいつく。

 

きつくてあんまり覚えてない。

STRVAの計測地点を過ぎて左に曲がってスプリントせずゴール。

終わってしまった。

 

なんだろう、きついけどまだやれるような、出し切ってないような気持ち。

でも最後は体が動かなかったのだから、気持ちだけでなんとかもってたのかな。

 

事前の想定でもカーボネックスさんのほうが少し強いはずで、ここまでついていけたことが驚き。

雨で寒かったけど、体はよく動いてくれたし、ラソアちゃんもいい働きをしてくれた。

 

 



f:id:anndorok:20190322204240j:image

上着を羽織って表彰式、とういうかシュークリーム贈呈式。

あのカロリーをクライマーに贈るというところに愛があるな(白目)

自分も運営特権で小さいのをいただく。うまい。

 

撤収して、無限に雑談していたいところを切り上げて帰宅。

帰って工具箱まわりの整理をする。

 

 

 

次は4月初旬に栃木県某所で大規模な練習会。その翌週はツールドかつらお。

TTバイクが組みあがってれば使いたいな。

 

羽付き餃子を焼くのが上手くなってきた。
f:id:anndorok:20190322202616j:image

羽根ついてりゃいいってわけじゃないけども。